2回引退した電車 伊豆急100系 その将来は

伊豆急行の伊豆高原駅付近に、1両だけ伊豆急100系電車が佇んでいます。伊豆急行線の開業当時を知る、唯一の現存する伊豆急オリジナル車両です。この電車は2回引退したという、少々変わった経歴の持ち主。今後どうなるのでしょうか。

余生を送っていた電車が

 伊豆急行の伊豆高原駅(静岡県伊東市)の片隅に、ちょっとレトロな電車が、1両だけで佇んでいます。

 現役は引退していますが、1961(昭和36)年に伊豆急線が開業した当時から残っている唯一の伊豆急車両、100系電車のクモハ103号車です。

Large 200831 izukyu100 01

拡大画像

伊豆急100系電車クモハ103号車(2020年7月、恵 知仁撮影)。

 100系電車は、2002(平成14)年までに全車が一度引退しましたが、2011(平成23)年に、伊豆高原駅構内で事業用車として余生を送っていたクモハ103号車の1両が「開業50周年事業」で復活。このクモハ103号車は1両で走行できるため、貸切列車などに使われていましたが、2019(令和元)年に2回目の引退。現在は伊豆高原駅の片隅で、ひとり佇んでいます。

【写真】乗ったことなくても、どこか懐かしい… 伊豆急100系電車の車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント