フェリーさんふらわあ なぜ志布志市志布志町志布志発着か…って何そこ? 現地へ〈PR〉

大阪南港発のフェリーさんふらわあ。行先のひとつである鹿児島県の「志布志市志布志町志布志」はどんなところか、実際に行ってみたところ、フェリーが鹿児島市でなく志布志発着なことに、納得の理由がありました。あと「志」推しでした。

大阪~鹿児島航路のフェリーさんふらわあ 鹿児島の発着地は「志志志志志志」

 大阪南港に、2航路が発着するフェリーさんふらわあ。その行先のひとつは別府、もうひとつは「志布志市志布志町志布志」です。どんなところなのか、フェリーに乗って行ってみました。

Large 200214 shibushi 01

拡大画像

志布志市役所志布志支所にある看板(2020年2月、中島洋平撮影)。

 志布志は鹿児島県の大隅半島に位置する、太平洋へ面した港町。大阪南港を17時55分に出港して船中1泊、朝8時55分に到着します(所要時間、運航時刻は日によって異なる)。

Large 200214 shibushi 02

拡大画像

志布志港に到着した「さんふらわあ きりしま」(2020年2月、中島洋平撮影)。

 ターミナルにあった記念撮影用の顔出し看板には、「鹿児島県志布志市志布志町志布志3292」との住所表記。市のキャラクター「志武士ししまる」が、「志(こころざし)あふれるまち 志布志」と紹介するなど、この街、「志」の字が推されています。

Large 200214 shibushi 03

拡大画像

フェリーターミナルにあった顔出し看板(2020年2月、中島洋平撮影)。

 その象徴的な場所が市役所。「こちらは、志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所です」と書かれた看板が立っています。JR志布志駅にある観光協会で「市役所へ行きたい」と言うと、即座に「看板ですか?」と返ってくるほど、観光スポットにもなっているようです。

Large 200214 shibushi 04

拡大画像

市役所にはこんな看板も(2020年2月、中島洋平撮影)。

 この市役所はもともと、「曽於(そお)郡志布志町の志布志町役場」でしたが、2006(平成18)年に周辺自治体との合併で「志布志市」が誕生。住所に旧町名もつけることになり、「志布志市志布志町志布志」と「志」の字だらけになりました。なお、志布志市役所の本庁舎は、旧志布志町の西隣の町だった旧有明町役場です。

Large 200214 shibushi 05

拡大画像

JR志布志駅(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 06

拡大画像

駅のトイレにかかるのれんも「男志」「女志」と「志」の字推し(2020年2月、中島洋平撮影)。

 上から読んでも、下から読んでも「志布志」。このことが実は、地名の由来にもなっているそうです。街なかの観光案内看板では、次のように説明されていました。

「志布志の地名は、天智天皇遷幸の伝説のなかで、天皇に布を献上した妻女の優しい心にならい、召使いの女性もまた布を献上したところ、天皇は上下その志の厚いのを喜ばれて『この地は志布志である』といわれた」

Large 200214 shibushi 07

拡大画像

志布志中心部の街並み(2020年2月、中島洋平撮影)。

 こうして、上から読んでも下から読んでも「志の布」となる地名が誕生したと、いう説があります。

Large 200214 shibushi 08

拡大画像

志布志中心部にある大慈寺。廃仏毀釈の影響が大きかった鹿児島のなかで、数少ない禅寺のひとつ(2020年2月、中島洋平撮影)。

大阪~鹿児島間のフェリー なぜ鹿児島市でなく志布志市発着なのか そのメリットとは?

 志布志市は人口3万人ほどと、鹿児島県内でもそれほど大きな街ではありません。なぜフェリーさんふらわあの大阪~鹿児島航路は、県の中心である鹿児島市ではなく、志布志市発着なのでしょうか。

Large 200214 shibushi 09

拡大画像

志布志周辺と鹿児島県の地図。旧大隅線、旧志布志線に沿ってバスも運行されている(国土地理院の地図を加工)。

 それは、かんたんに言えば「鹿児島市だと時間がかかりすぎる」からです。錦江湾の奥に位置する鹿児島市までは、志布志市から大隅半島南端の佐多岬まで回り込み、そこから北上しなければならず、距離にして少なくとも150km以上はあります。そのため志布志市から先は、もしくは志布志市までは、陸路で移動したほうが効率がよいのです。

 また、太平洋に面した志布志市は宮崎県にも近く、日本有数の農畜産王国である南九州一帯から利用しやすい、という地の利もあります。

Large 200214 shibushi 11

拡大画像

志布志港と鹿児島市内を結ぶ高速シャトルバス「さんふらわあライナー」。「さんふらわあ」乗船客は無料で利用可能(2020年2月、中島洋平撮影)。

 志布志のフェリーターミナルには、鹿児島市内とを約2時間で結ぶ高速シャトルバス「さんふらわあライナー」がフェリーの発着にあわせて運行(乗船客は無料)されているほか、志布志市内からは西側の鹿屋市、垂水市方面、北側の宮崎県都城市方面、鹿児島空港のある鹿児島県霧島市方面にもバスが発着。鉄道も日南線が、JR志布志駅から宮崎県の串間市、日南市、宮崎市方面へ通じています。またこうしてバスが各地へ向かっているように、クルマを使った南九州の周遊にも、志布志は便利な場所です。大阪からフェリーで自家用車を載せてくることもできますし、志布志港でレンタカーを借りることも可能です。

Large 200214 shibushi 12

拡大画像

志布志駅に到着した鹿児島交通の垂水行き路線バス(2020年2月、中島洋平撮影)。

 志布志市のある大隅半島から錦江湾を挟んだ対岸の薩摩半島へは、桜島と鹿児島市街のあいだに「桜島フェリー」、垂水市と鹿児島市のあいだに「鴨池・垂水フェリー」、南大隅町根占(ねじめ)港と指宿(いぶすき)市の山川港のあいだに「フェリーなんきゅう」と、3つの航路が存在し、それぞれクルマも載せられます(フェリーなんきゅうの一部は指宿港発着。ただし車両航送不可)。志布志を起点とした南九州・鹿児島の旅では、これら航路も活用可能です。

Large 200214 shibushi 13

拡大画像

旧志布志機関区の跡地、志布志鉄道記念公園で保存されているキハ52形ディーゼルカー(2020年2月、中島洋平撮影)。

 ちなみに、現在のJR日南線は志布志が終点ですが、かつてはそこから北の都城方面と、西の鹿屋・垂水方面の双方へ鉄道が通じていました。それぞれ志布志線、大隅線といい、JR発足直後の1987(昭和62)年に廃止されています。志布志駅は、3方向への鉄道路線が集まるターミナルだったのです。

Large 200214 shibushi 14

拡大画像

志布志鉄道記念公園で保存されているC58形蒸気機関車(2020年2月、中島洋平撮影)。

 それから30年以上を経て、志布志にはまもなく高速道路が開通します。九州道の加治木JCT(鹿児島県姶良市)から鹿屋方面へ伸びる東九州道が、鹿屋串良JCTから志布志ICまで、2020年度内に延伸する見込み。交通の便がよりよくなります。

志布志から鹿児島市まで、バス&船で行ってみた!

Large 200214 shibushi 15

拡大画像

志布志から鹿屋へ向かうバスの車窓から、大隅線の廃線跡を活用した道路に架かる橋。欄干には汽車の絵が(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 16

拡大画像

大隅線の鹿屋駅跡に設けられた鹿屋市鉄道記念館(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 17

拡大画像

大隅線にまつわる資料を多数展示している(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 18

拡大画像

鹿屋市内にあった大隅線各駅の駅名標も集められている(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 19

拡大画像

鹿屋からバスで垂水方面へ。高台から一気に海沿いへ下りていく(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 20

拡大画像

垂水港の近くには、旧大隅線のトンネルが残る(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 21

拡大画像

大隅半島と鹿児島市内を結ぶ鴨池・垂水フェリー(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 22

拡大画像

垂水港に停まる「鹿児島鹿屋直行バス」。日本で唯一、客を乗せたままフェリーに載る一般路線バス。鹿屋から鹿児島市内へ直行する(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 23

拡大画像

鴨池・垂水フェリーの車両甲板。「鹿児島鹿屋直行バス」の乗客はフェリー乗船中、原則としてバスから降りて船の客室内で過ごす(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 24

拡大画像

鴨池・垂水フェリーはうどんが名物(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 25

拡大画像

鴨池・垂水フェリーから望む桜島(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 26

拡大画像

鹿児島市の鴨池港でフェリーから降りる「鹿児島鹿屋直行バス」(2020年2月、中島洋平撮影)。
Large 200214 shibushi 27

拡大画像

鹿児島市電。京急ラッピング車両と「さんふらわあ」ラッピング車両がすれ違う(2020年2月、中島洋平撮影)。

●「フェリーさんふらわあ」ウェブサイト
https://www.ferry-sunflower.co.jp/

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」