〈PR〉海の上なら渋滞皆無? 夏の休日を無駄にしない「ボート免許」、取得は最速1日!

せっかくのお休みも、行楽地の混雑を思うと腰が重いもの。ですが水上、すなわちボートなら混雑を傍目に休日を目いっぱい楽しめます。レンタル費用や免許のことなど、実際のところはどうなのでしょうか。

渋滞も混雑も皆無な海上で夏の休日を

 大型連休や年末年始など、お休みの時期の行楽地はどこも混雑が予想されますが、夏休み時期は海水浴場周辺も特に混雑する場所のひとつでしょう。ドラマや小説などの創作物でも、行きの渋滞に巻き込まれ、海に着いたらすでに夕暮れ、などというのはもはやお約束の展開です。

170523 pryamaha 01
夏といえば海のレジャー(画像:ヤマハ発動機)。

 実際のところ、ほかのシーズンと比較するとどうなのでしょうか。国交省の交通量常時観測地点である神奈川県中郡大磯町の国道1号は、周辺に海水浴場の「大磯ロングビーチ」がありますが、同地点の平成28年度における交通量のデータを見ると、たとえばゴールデンウィーク期間(2016年4月28日から5月8日)の1日平均交通量が3万9600台、年末年始期間(2016年12月28日から2017年1月4日)が同3万7700台であるのに対し、お盆期間(2016年8月6日から8月16日)は4万2300台となっています。

 海水浴へ出かけたのに、行きと帰りは渋滞に巻き込まれ長時間をクルマのなかで過ごした、などというのは、なんとももったいない休日の過ごし方です。鉄道やバスなど公共の交通機関を利用するにしても、当然その車内は混雑が予想され、特に家族連れには厳しい道中でしょう。

 であればいっそ、渋滞に巻き込まれる前に海へ出てしまうというのもひとつの手ではないでしょうか。すなわち「船」です。

170523 pryamaha 02
船舶免許があれば、家族連れでこんな休日も。

 漁船やヨット、大型プレジャーボートなど、小型船舶を幅広く手掛けるヤマハ発動機の会員制サービス「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」なら、全国約140か所のホームマリーナで気軽に船を借りられます。東京23区内にも、江戸川区に「ニューポート江戸川」、中央区に「勝どきマリーナ」という2か所の拠点があり、まさに渋滞の手前で海へ出ることが可能です。

「勝どきや江戸川のマリーナでは、釣りやクルージングなどに適した多数のモデルがレンタル可能です。東京湾でのシーバス釣りはもちろん、勝どきからの運河クルーズや、江戸川から出港し、横浜みなとみらいの景色を海から楽しむなど、簡単にボートライフを体験できます。また湘南や浦賀にあるサニーサイドマリーナでは船上BBQも可能となっています」(ヤマハ発動機 広報担当)

170523 pryamaha 03
船舶免許があれば、好きなポイントでフィッシングも。

 渋滞を傍目に海上をクルージングしたり、混み合うビーチを遠目にフィッシングやウェイクボードなどのマリンスポーツを楽しんだりと、そこには実に非日常的な休日が約束されています。また、「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」のウェブサイトには、おすすめの全国海遊びプランが満載です。

170523 pryamaha 04
船からお花見、といった利用の仕方も。

 船を操縦するにはもちろん船舶免許が必要ですが、これにも種類があります。たとえば船の大きさが20総トン未満(プレジャーボートは長さ24m未満)の小型船舶で、海岸から5海里(約9km)以内と平水区域(港内などの水域、たとえば東京湾内)を航行できる小型船舶操縦士2級免許(2級ボート免許)なら、「ヤマハボート免許教室」にて最速1日で取得が可能です。

170523 pryamaha 05 170523 pryamaha 06 170523 pryamaha 07
小型船舶操縦士2級なら最速1日で取得可能(画像:ヤマハ発動機)。

 晴れて免許を取得しても、ボートを購入するのはさすがにかかるお金のケタが違います。そこで前出の「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」です。

 たとえばお盆にあたる8月10日から15日は年間でもっともレンタル料金の高い期間ですが、釣り用の小型船、ベイフィッシャー20/FW-20Ltdなら3時間8200円、定員6名のクルージングボート、FR-20/FR-20LSは3時間1万4400円、レンタル用としてはもっともグレードの高い10人乗りスポーツモデル、SR310でも3時間7万5000円から借りることができます。なお、レギュラーシーズン(10月から5月)の平日3時間料金はそれぞれ、ベイフィッシャー20/FW-20Ltdが4100円、FR-20/FR-20LSが8200円、SR310が4万5000円です。SR310は定員10名なので、頭数で割ればひとりあたり4500円から7500円、十分選択肢に入る範囲ではないでしょうか(価格はいずれも税込・燃料費別)。

170523 pryamaha 08 170523 pryamaha 09 170523 pryamaha 10
左からベイフィッシャー20、FR-20、SR310(画像:ヤマハ発動機)。

 2017年6月、7月には以下の日程で、ボート免許の制度や取得方法についての説明および実際の学科講習などを体験できる「2級ボート免許 学科講習体験会」が各地で開かれます。参加費は「マリンカーニバル2017」も含めいずれも無料です。ボート免許に触れてみる絶好の機会でしょう。

●2級ボート免許 学科講習体験会

・6月3日(土)、4日(日) ららぽーと豊洲(イベント「マリンカーニバル2017」にて)
 主催:一般社団法人 日本マリン事業協会

・6月11日(日) 名古屋都市センター

・7月1日(土) ニューポート江戸川

・7月29日(土)、30日(日) マリンピア神戸(イベント「マリンカーニバル2017」にて)
 主催:一般社団法人 日本マリン事業協会

●ヤマハ発動機「2級ボート免許 学科講習体験会」案内ページ
https://www.yamaha-motor.co.jp/marine/license/trial/

●ヤマハマリンクラブ・シースタイル
https://sea-style.yamaha-motor.co.jp/
問合せ先:0120-730-344

【了】

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170523 pryamaha 01
  • Thumbnail 170523 pryamaha 02
  • Thumbnail 170523 pryamaha 03
  • Thumbnail 170523 pryamaha 04
  • Thumbnail 170523 pryamaha 05
  • Thumbnail 170523 pryamaha 06
  • Thumbnail 170523 pryamaha 07
  • Thumbnail 170523 pryamaha 08
  • Thumbnail 170523 pryamaha 09
  • Thumbnail 170523 pryamaha 10

最新記事