リニアの記事一覧

  • リニア世界最速603km/h 達成への4分間

    4月21日、超電導リニアが有人走行で603km/hという、鉄道の世界最速記録を更新しました。この日、山梨リニア実験線ではどのように走行試験が行われ、鉄道史上初めてとなる600km/hの大台突破が達成されたのでしょうか。歴史的なその1日のドキュメントです。

  • 超電導リニア、世界最速603km/hで走った本当の意味

    4月21日に、603km/hで走った超電導リニア。鉄道史上最速の記録で、「ギネス」にも申請するといいますが、その最大の目的は別のところにありそうです。営業運転時、最高速度505km/hを計画している超電導リニア。それが約100km/hも速い603km/hで走ったことに、はたしてどんな意味があるのでしょうか。

  • 超電導リニア、鉄道史上初の600km/h突破 世界記録更新

    JR東海は4月21日、山梨リニア実験線で走行試験を行い最高速度603km/hを達成。鉄道史上初めて、有人走行で600km/hの大台を突破しました。

  • 超電導リニア590km/h達成 世界最速記録を更新

    JR東海が4月16日、超電導リニアの高速域走行試験で590km/hの有人走行を行ったと発表しました。これは超電導リニアではもちろん、有人走行で世界の鉄道史上最速の記録になります。

  • 超電導リニア有料体験乗車、2度目の募集開始 前回125倍だった競争率、今回は低下か

    山梨のリニア実験線で行われる体験乗車について、2回目の募集がスタートしました。地上を500km/hで走れるという経験に、125倍にもなった前回の競争率。それを受け2回目は募集人数が増やされ、当選率が上昇する可能性がありますが、それでも70倍以上という非常に高い競争率になるかもしれません。

  • 新幹線プラス700円で所要時間55%減少のリニア 「乗り換え問題」がその効果を消す?

    JR東海ではリニア中央新幹線の品川~名古屋間の運賃・料金について、新幹線「のぞみ」プラス700円という見通しを示しています。リニア化により所要時間が1時間29分から40分へ大きく減少するため値上げ幅の割に効果が高いですが、「乗り換えの問題」がそれを打ち消してしまうのではという懸念もあります。

  • 改めて考えるリニア中央新幹線の建設目的

    JR東海が進めているリニア中央新幹線について、その工事が国道交通省から認可されました。なぜJR東海はリニア中央新幹線を建設するのか、その目的を改めてまとめます。

  • 中国が警戒する日本のリニア 狙いはその技術か?

    中国に存在する、同国の高速鉄道が世界へ進出するにあたって日本の「超電導リニア」が大きな脅威になるという考え。そこには「粘着式鉄道」の限界と中国の野望が見えてきます。

  • 全長の9割がトンネルのリニア 最長のトンネルはどこ?

    JR東海がリニア中央新幹線について、工事実施計画の認可を国土交通大臣に申請。合わせてその概要を発表しました。南アルプスをトンネルで通過するリニアですが、最も長いトンネルは別の場所でした。

  • リニアは奈良120年以上の悲願? その経路で変わる記録

    リニア中央新幹線の駅が奈良県に設置されるかどうかで変わる、ある記録があります。リニアの経路については京都市から異論が出ていますが、どうなるでしょうか。

最新記事