JR東日本の記事一覧

  • まもなく一部廃止 吾妻線フィーバーと地元老人

    ダム建設で一部区間が廃止になり、新線に切り替わるJR吾妻線。そのときをまもなく迎え、大勢の人で賑わうその場所を取材しました。

  • 京急 空港線の輸送力増強を検討 切り札「引き上げ線」とは

    2020年の東京オリンピックなどを念頭に、羽田空港アクセスを強化する動きが活発化。JR東日本が強力な新線案を発表し、迎え撃つ京急も輸送力増強のため「引き上げ線」の新設を検討しています。引き上げ線でどう輸送力が増強されるのでしょうか。

  • 変わる鉄道トンネル順位 青函トンネルも「1位」返上か

    ダム建設による路線水没で、「日本一短いトンネル」が吾妻線の樽沢トンネルから呉線の川尻トンネルに変わります。また「世界一長いトンネル」も近い将来、青函トンネルから別のトンネルに変わってしまう見込みです。

  • 京浜東北線が山手線を走行

    水色の帯を巻いた京浜東北線の車両が、山手線を走りました。線路の工事でたまにそうなることはありますが、特に工事がなかったにも関わらず、です。何があったのでしょうか。

  • 駅が冠水 そのとき車内は

    豪雨で東京都葛飾区のJR総武本線新小岩駅の通路が冠水。そのとき総武本線の列車では、こんな車内放送がありました。

  • 鉄道会社は「ゆりかごから墓場まで」 進む多角化

    京王電鉄が葬祭業参入を発表するなど、鉄道会社の事業多角化が進んでいます。事業のなかには、鉄道とあまり関係のなさそうなものも。この背景には、なにがあるのでしょうか。

  • 渋谷~羽田30分以内 「蒲蒲線」の利点と懸念

    「蒲蒲線」を使い、渋谷と羽田空港を30分以内で連絡する構想を東急が発表しました。しかしJRを交え、羽田空港アクセスの新線構想が賑わっている現在、「蒲蒲線」の環境は決して恵まれているわけではありません。果たしてどうなるのでしょうか。

  • アメリカで「ネコミミ新幹線」実現なるか?

    アメリカのカリフォルニア州で高速鉄道計画が進行中で、JR東日本などの企業連合が「新幹線」を売り込んでいます。採用されれば、日本では試験で終わってしまった「ネコミミ」が登場するかもしれません。

  • あえて車内照明を消す列車 その合理的理由

    長野県に、車内の照明を消して「あるもの」を楽しむ臨時列車が走っています。その列車に乗って、「あるもの」を堪能してきました。

  • 寝台特急「富士」復活運転 「ブルトレブーム」再現か

    JR東日本は東京駅100周年を記念し、寝台特急「富士」の復活運転を発表。もしかすると、1970年代に社会現象になった「ブルトレブーム」の風景がよみがえるかもしれません。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」