「安心感」が違った! 武蔵小杉駅「横須賀線ホーム倍増」ラッシュ初日の"心の余裕"とは

JR横須賀線・湘南新宿ラインの武蔵小杉駅にホームが増設されて初めての平日朝。ラッシュ時に慢性的な満員状態だったホームの様子はどう変わったのでしょうか。

18日に使用開始した「増設3番線ホーム」

 JR横須賀線・湘南新宿ラインの武蔵小杉駅(川崎市中原区)で2022年12月19日(月)、新設された「新3番線ホーム」が使用開始となって最初の平日を迎えました。

Large s

拡大画像

新ホームが使用開始となった横須賀線の武蔵小杉駅(乗りものニュース編集部撮影)。

 1本のホームの両側に上下各線が発着していた武蔵小杉駅の横須賀線ホーム。横浜方面のホームが向かい側に新設され、既存のホームは「東京・新宿方面専用」となりました。

 既存ホームの横浜方面側では、単管が床にボルト止めされてロープが固く張られており、階段部を線路側へ回り込むこともできなくなっています。ホーム端とロープは1m以上離れていて、走り抜ける横浜方面の電車とは十分な離隔が取られています。

 最初の平日ということもあり、コンコースでは「横浜方面はこちらではありません、反対側に新しくできた階段をご利用ください」と呼びかけるスタッフも複数配置されていました。それでも、いつものホームに出てからロープを見て呆然とする利用客の姿も。

 新ホームは既存ホームと同様、鋼材を組んで出来上がった、特段の意匠もないシンプルなもの。自動販売機や売店は無く、ベンチは壁際に設置されており、ホームは奥まで見通せて広々とした印象。駅名標は壁面に2枚と柱にいくつかあるだけで、吊り下げ式看板すらない簡素さです。ホーム幅は十分広めに造られており、帰宅ラッシュ時間帯に効果を発揮しそうです。

 さて、ラッシュ時の「超満員状態」がお馴染みの武蔵小杉駅、ホーム増設開業で様子はどう変わったのでしょうか。

【ついに使用開始「増設3番線ホーム」武蔵小杉駅の様子】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これで終わりではない。
    武蔵小杉の混雑緩和の根本的な対策はグリーンラインの新川崎延伸しかないだろう。