ボディにどーんと北斎富士! スカニア2階建てバス 富士急Gが導入 富士五湖線で

でっかいバスにでっかい富士! アダチ版画監修です!

Large 201105 fuji 01
フジエクスプレスが導入するスカニアの2階建てバス(画像:富士急行)。

 富士急グループのフジエクスプレスが2020年11月6日(金)から、高速バス新宿~富士五湖線にスカニアの2階建てバスを2台導入します。

 特徴はボディに描かれた大きな富士山です。葛飾北斎の浮世絵シリーズ『富嶽三十六景』の富士山がモチーフで、左側面は『甲州犬目峠』の富士山、右側面は『武州玉川』の富士山だそう。伝統的な木版技術を現代に継承しているアダチ版画研究所の協力により実現したそうです。

 座席は1階10席、2階48席、このほか車椅子用1席、乗務員1席の計60席。2階席の地上高は約3mで、広々とした窓からは、普段見ることのできない特別な眺望が楽しめるといいます。

 ちなみに新宿~富士五湖線では、すでに京王バスグループもスカニアの2階建てバスを走らせています。

【了】

【写真】ど迫力! 車体の左右で異なる2階建てバスのでっかい北斎富士

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント