夜行バスにトイレは必要か? あえて「トイレなし」にするバス会社も その理由とは

夜行高速バスでは一般的な設備になっているトイレ。あると安心な一方で、あえて積極的には搭載していないバス会社も存在します。背景にはどんな理由があるのでしょうか。

「トイレ付き」のほうが売れない?

 2017年2月、ウィラー・エクスプレス・ジャパンが新シート「ReBorn(リボーン)」を搭載した夜行高速バスの運行を開始します。全18席がそれぞれ「シェル」で覆われ、個別空間がつくられているという、同社のなかではハイクラスに位置付けられるバスです。しかし、その車内にトイレはありません。

170124 yakoubustoilet 01
トイレあり、トイレ無し、多くの夜行高速バスが発着するバスタ新宿(2016年11月、中島洋平撮影)。

 夜行高速バスにおいて、車内トイレの有無はバスを選ぶ際のポイントのひとつ。予約サイトの多くに、「トイレ付き車両」に絞り込んで検索できる機能が備わっています。しかしウィラーではあえて積極的にトイレを設けてはいないといい、ウィラー・アライアンスの池 あい子執行役員は、その理由について以下のように話します。

「10年ほど前に4列タイプの『リラックス』シート搭載車両を導入したとき、トイレ付きとトイレなし車両を同額で用意したのですが、トイレ付きのほうが売れ残ることが多かったのです。当時、おもなターゲットである20代から30代の女性より、車内のトイレに対して『においや音が気になる』『恥ずかしくて使えない』『トイレ無しのほうが清潔感がある』などの声がありました」(ウィラー・アライアンス 池 あい子執行役員)

 その後、広めのトイレを備えた車両を導入しても、そのトイレに対して特段の好評価は得られなかったそうです。これらの声を受ける形で、ウィラーではメーカー標準仕様でトイレが付いている2階建て車両を除き、トイレを導入していないといいます。ただ、池さんは「お客様の年齢層も10年前より広がってきており、さらにターゲットを拡大するにあたって、トイレの有無をもう一度考える余地はある」と話します。

 ウィラーのバスではおよそ2時間に1度、高速道路のSAやPAでトイレ休憩を行うほか、走行中にどうしても我慢できなくなった場合は、乗務員に声を掛ければ最寄りのSAやPAなどへ緊急的に停車することもあるそうです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

21件のコメント

  1. 緊急時に、道端で用足せばよい小便なら兎も角、大便だと、態々本来止まらない筈のSAまで我慢するしかないとなるのと、車内にあるのでは、気持ち的に大差あると思う、臭いが云々は、換気がしっかりしていれば気にならない筈ではと思いました。

  2. トイレ付きのバスに以前乗ったら、とても 匂った。

    • 人間は、生きる上で食物を吸収し排泄が繰り返されます。車内トイレは有るより無いに不憫を感じます。以前、募集旅行ツアーに参加した際にトイレに行きたくてバスを停車させた事があり目立ちました。観光地で車列渋滞で逃げ道ありません。我慢できずトイレに行きたくなりした。車内トイレが有りません。さぁどうする?

  3. やっぱり 高速バスにわ。トイレがほしいです。
      使うか使わないかわ。  人それぞれ  だと思います
       小さい子供がいればなおさら。ほしいと思います。

  4. 最近一部に見られるパウダールーム付バスはどうだろう?
    京王の車に乗ったが臭わなかったかと。

  5. 夜行バスは乗ったことはないのだけど、この論争は当面続くと思います。

  6. 追記。私ならないよりあった方が安心できます。

  7. 席数確保のためかと思ってた。

  8. 幼子や高齢者にとっては、必要な設備と思います。自分も3~4時間の高速バスを利用しますが、時々渋滞等で予想外に時間がかかった時などは在れば安心です。以前、首都高速での渋滞で小学生が我慢できずに、ビニール袋にティシュを投げ込んでどうにか対応したことがありました。

  9. 乗客に苦痛を与える様では日本のバス会社とは言えないでしょうね。中国人だと車内通路で排便するでしょうね。

    • 中国人がどうとか関係ないだろう。
      ネトウヨ的な妄想を書くのは止めて欲しいわ。

  10.  既述されていますが、京王の高速バスに乗った時のトイレの広さ(最後尾の全幅を占めていて窮屈で大変な思いは全く無かった程)には驚いたと同時に「この車両だったらまた使いたい(乗りたい)」と思った程です。高速バスの選択肢の中に「トイレが広い車両を運行している会社」が加わりました。
     現行のトイレ(最後尾の横半分弱)をそのまま横方向に拡幅しても座席定員の減少を二人程度で抑える事が可能なのであれば今後のハイデッカータイプの高速バスの標準仕様にして欲しい位です。

  11. 利用率が低いからとトイレなし車両にするなんてのは、その分を座席数増とトイレ設備管理費削減と、新規参入組の考えそうな事。半ば効率最優先で乗客は二の次!って感じ。利用率ゼロなら再考も必要だろうが、利用する・したい乗客の事は蚊帳の外なのだろうか? 加えて清掃が徹底できないと確かに臭いの発生源にはなり得ますね。駅の公衆トイレも掃除が行き届いていないと、その後はいくら丁寧に清掃しても臭いは断てない。

  12. 確かにトイレがあれば安心できる。トイレ付きのバスはほぼ高速道路を走るのでSAやPAまで我慢しなけれゃならないっていうのも避けられるし。
    ただバスは基本走行中立つのは禁止。ましてや高速道路ならシートベルト着用。
    万が一、トイレに行くために立ち上がった時やトイレに入っている時に運悪く事故が起こったらっていうリスクがある。
    バスは鉄道ほど安全な乗り物ではないということ。

  13. 乗務員に声をかければ止まってくれると言っても他のお客さんに迷惑をかけてしまうということでなかなか言えないものです。道路ならば渋滞もあります。仮に利用者0であっても「安心の担保」としてトイレは必要だと思います。

  14. やはり、高速バスにはトイレは必要です。運転中の運転手に、声をかけるのは、運転に支障をきたします。

  15. 「オリオンバス」の車両もすべてトイレなしの仕様になっています(会社ウェブページの座席タイプ一覧にも掲載)。高速バス(旅行ツアーバス)大手なので、記事に入れてほしかったのですが...触れられていないので勝手に補足。

  16. 用を足すだけでなく、車酔いする人間には嘔吐を催したときの保険としてトイレは必要。

  17. 高速の事故あった場合長時間止まる場合があります。実際慰安旅行のバスが高速の事故の為3時間は高速道路上で止まったままになったこともありました。こんな時にトイレ無しは困ります。

  18. 体調がすぐれない時はSAまで我慢できない場合もある。トイレがあれば安心して乗車できる。

  19. 事故で渋滞すると長時間止まったままになります。そうなるとトイレあったほうがいい。実際トラック3台横転事故の影響で3時間止まったままになったことがある。