「SL機関士」東武が自社養成開始 事業の安定継続に向け

運転免許取得を目指します。

Large 201216 tobukikanshi 01
SL機関士(画像:東武鉄道)。

 東武鉄道は2020年12月16日(水)、SL(蒸気機関車)事業の安定的な継続に向けて、SL機関士の自社養成を始めると発表しました。

 同社は2017年から鬼怒川線で観光列車「SL大樹」を運行していますが、その時はSLを従来から運行している秩父鉄道、大井川鐵道、真岡鐵道に協力を仰ぎ、現在までに6人のSL機関士を養成しています。

 東武鉄道では、2機目のSLが12月26日(土)から運行を開始し、3機目も復元作業が進行中。機関車の整備とともに機関士の養成も行い、ハード・ソフト両面でSL事業を推進し、日光・鬼怒川エリアの活性化に寄与していくといいます。

 機関士の養成は12月下旬に開始し、年間2人程度、国土交通省公示の試験で、甲種蒸気機関車の運転免許取得を目指す計画です。

【了】

【写真】黒いSL+青い客車+赤いDLで走る「SL大樹」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 今度は東武が真岡、秩父、大井川に恩返しをする番ですね。