日本政府 陸自「イージスアショア」の代替として海自イージス艦の新造を閣議決定

海上自衛隊のイージス艦、10隻まで増勢されます。

 日本政府は2020年12月18日(金)午前の閣議において、陸上配備型迎撃ミサイルシステム、いわゆる「イージス・アショア」の代替策として、海上自衛隊向けの新型イージス艦2隻の建造を決めました。

Large 201218 jsdf 01

拡大画像

2020年3月に就役した海上自衛隊の最新鋭イージス護衛艦「まや」。2021年3月には同型艦「はぐろ」の就役も控えている(画像:海上自衛隊)。

 また併せて、島嶼部を含む我が国への攻撃を効果的に阻止する手段として、スタンド・オフ・ミサイルの整備および研究開発の推進に加え、侵攻を試みる艦艇などへの対処装備として、既存の12式地対艦誘導弾の能力向上型、いわゆる改良型の開発を行うことも決めています。

【了】

【写真】12式地対艦誘導弾の実射シーン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント