JR東海 駅や運輸所社員などの一時帰休を実施 新型コロナ感染拡大受け 400人規模

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、JR東海が一時帰休を実施します。

業務量の減少などを受け

 JR東海は2021年1月15日(金)、一時帰休を実施すると発表しました。

Large 210115 jrc 01

拡大画像

東海道新幹線(恵 知仁撮影)。

 新型コロナウイルスの感染拡大などにより、会社発足以来の厳しい経営環境になっているなか、列車運転計画の変更などで一時的に業務量が減少すること、社員の感染防止の観点から行うといいます。

 期間は1月25日(月)から2月28日(日)まで。駅、運輸所、車両所、工場などで勤務する社員を対象に、1日あたり約400名規模で実施されます。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 一時帰休の間の賃金はどうなるのか自分のことのように心配です。ワークシェアリングができないのかと思いますが「密」の防止を言われると仕方ないですね。もう現場には国鉄解体の頃の悪夢を経験した人はほとんど残っていないのでしょうが、この調子ではとてもリニアなんていうものに心血を注ぐことはできそうもありませんね…