なぜ今? 初便の乗客は116人! LCC春秋航空 コロナ禍に異例すぎる成田~南京線開設のワケ

コロナ禍でも好調?な滑り出し なぜ今なのか その理由とは

 このコロナ禍のもとで成田~南京線を開設した意図や多くの人が搭乗した経緯を、スプリング・ジャパンは次のように説明しています。

「日本在住の中国人のお客様が、中国に戻りたがる方が多かったことから、公共交通機関として役に立ちたいというのが開設の理由です。この初便も約9割が中国の方で、航空券も片道で取られている方が多かったです。また、中国当局側も、この状況下でも開設のサポートしてくれ、路線の認可が降りたことから、このタイミングでの就航となりました。成田~南京線は、コロナ後の需要拡大を見込んだもので、今後は増便を目指したいと考えています」(スプリング・ジャパン執行役員 武村栄治営業/経営企画本部長)

 なお、初便の出発時には、駐機場で放水や横断幕での見送りも実施されたほか、乗客に記念品が配布されています。

【了】

人の数も時期も異例すぎる! 成田~南京線初便の様子をサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント