世界一セクシーな航空会社「フーターズ エア」の伝説 機内サービスも「らしさ」全開

特徴的な露出度の高い制服を着たスタッフがサービスを行うレストラン「フーターズ」は、かつて航空会社を運営していました。機内サービスは同社らしい独自のものでありながらも、それだけではない要素も多分にありました。

CAだけでなく「フーターズ ガール」が乗り込む機内

 28か国で430店舗以上を展開するアメリカ生まれの「フーターズ(HOOTERS)」は、2020年現在、日本でも都内に3店舗を構えるレストランチェーンです。チアリーダーをイメージしたという、タンクトップとホットパンツの制服を着た女性スタッフ「フーターズ ガール(HOOTERS GIRL)」がサービスを行うことで知られます。

 このフーターズは2003(平成15)年から2006(平成18)の3年間、実は「フーターズ エア」という航空会社を保有していました。これはサウスカロライナ州にある大西洋沿いの観光地、マートルビーチに本拠を構えるLCC(格安航空会社)で、ここを中心に、アメリカ国内15都市以上に定期便を就航していたのです。

 そして、その機内はレストラン同様、フーターズ色の強いユニークなものだったそうです。

Large 200414 hooters 02
元フーターズ エアのボーイング737型機。このほかボーイング757型機も運航されていた(画像:James Willamor[CC BY-SA〈https://bit.ly/2yjpLGf〉])。

 フーターズ エアの機内には保安要員と機内食やドリンク類を提供するCA(客室乗務員)だけでなく、レストランと同じ制服のフーターズ ガールも常に同乗し、CAの補助だけでなく、乗客との会話や機内の盛り上げ役を担いました。なおフーターズ ガールが直接サービス提供をしなかったのは、通常CAが受ける専用の訓練が行われておらず、当局の認定を受けていなかったためです。

 ただ、フーターズ エアの機内にはフーターズ ガール以外の点においても、利用者にとってはうれしい「LCCらしからぬ」ものが詰まっていました。

【写真】フーターズ エアも採用 前後間隔86cmの座席

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 中央事務所の広告は悪質!
    見たくもないのに出てきて、消そうとして消えない。
    法律事務所がやって良いことではない。

  2. 関係ないかもしれないが
    自分のHOOTERSのバスロッドは活躍している。