東急「駅構内トイレ非接触・自動水栓化100%」達成へ 進化する駅トイレ

個室のシートクリーナーも全駅のトイレに設置済みです。

新型コロナ対策の一環

Large 210128 toilet 01
渋谷駅道玄坂改札口付近の女性用トイレ(画像:東急)。

 東急は2021年1月28日(木)、東急線の駅構内トイレについて、「非接触・自動水栓化100%」を2月3日(水)に達成する見込みであると発表しました。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みとして、9駅のトイレで洗面器の水栓交換を実施することで「100%」に達するといいます。個室内のシートクリーナーも、すでに全駅のトイレへ設置済みとのこと。

 ちなみに東白楽駅、荏原中延駅、および上町駅を除く世田谷線の駅、こどもの国線の駅は、構内にトイレがありません。また多機能トイレ内の補助的手洗器・オストメイトは、一部手動水栓となるといいます。

 東急は「今後も、お客さま用洗面設備のアルコール除菌の強化など、設備・サービスの両面からさらなる衛生強化策を推進していきます」としています。

【了】

【画像】車両にもコロナ対策新機軸「窓開け目安シール」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 東白楽の駅外の市営駅便に行ったよ。明るくないけど小綺麗だった。

  2. ありがとうございます。今やトイレの自動洗浄は公共用はもちろんのこと、家庭用向け商品にもあるぐらいですし、どちらも既存設備から後付けも可能(主に温水洗浄便座に連動させるタイプが多い※新たに壁にセンサーを取り付ける為の配線などが不要で便座の電源やセンサーと洗浄装置を無線で連動させる仕組みで、これによりこれまで不可能だったタンク式での洗浄レバーも部品交換又は取付で自動洗浄レバーにすることが可能)ですから、今後は更に普及するでしょう。