元東急電鉄の電車 なぜ各地でよく見るのか? ポイントは長さ・軽さ・車体の素材…

中小私鉄は鉄道車両の更新にあたり、JRや大手私鉄から中古車両を安く購入することがあります。なかでも元東急電鉄の車両が多くの私鉄で導入されていますが、なぜでしょうか。まるごと元東急車両に入れ替えた会社もあります。

新車導入が難しい中小私鉄 より安い中古車両を求め

 かつて首都圏を走った東急電鉄の車両を、地方で目にすることがあります。

 JRや大手私鉄は鉄道車両を手放すとき、そのすべてを廃車にするのではなく、一部を他社に譲渡(売却)するケースがあります。東急電鉄はこの譲渡を比較的多く行ってきたため、北は青森県の弘南鉄道から、南は熊本県の熊本電鉄(ただし現役引退済み)まで、各地で元東急電鉄の車両が見られます。2019年末には、田園都市線などで使われた8590系電車が富山地方鉄道へ譲渡されました。

Large 200210 tokyu 01

拡大画像

鉄橋などに重量制限があっても、軽量な東急の車両なら対応できる。写真は長野県の上田電鉄1000系(2014年3月、児山 計撮影)。

 中小私鉄は予算面で、新車の導入が難しい場合があります。その際、老朽化した車両を置き換える手段として、先述のようにJRや大手私鉄から中古車両を購入するのです。たとえば岐阜県揖斐川(いびがわ)町と三重県桑名市を結ぶ養老鉄道は、東急電鉄から7700系電車を15両、6億1000万円で購入しています。1両当たり約4000万円です。また、福島県北部を走る福島交通は東急1000系電車2両を1億5000万円で購入。こちらは1両当たり7500万円です。

 ちなみに新車を導入するとどのくらいかかるのか、静岡鉄道はウェブサイトで、A3000形電車(12編成24両)の導入額は39億7200万円と公表しています。1両当たりにすると約1億6000万円です。

 車両の価格は、状態や両数など様々な要因で変わるため一概には言えませんが、中古車であれば新車より費用を安く抑えられることがわかります。

 しかし、導入側の鉄道会社も、中古車両なら何でもよいというわけではありません。中小私鉄では、急カーブがある、建物が線路脇に近接しているなどの理由で、長さや幅の大きい車両は走れないケースがあります。

【写真】譲渡前、東急線で現役だったころの1000系電車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 東急の中古車は高いけど、
    地方私鉄にはちょうどいいんだよな。

    廃車時期にもよるけど、
    18mか20mか選べるし、
    編成出力も過大ってこともないし。
    その上で狭軌で
    更にステンレスで塗装設備要らず。

  2. 今売れているのが東急車というのは事実だけど、その時その時での売れ筋は異なることにも目を向けておかねば。

    実は大事なのは譲渡元と譲渡先で車両譲渡時期が合致すること。時期が合致しなかったために譲渡が実現しなかった阪急2800系のような事例もあるし、ゲージで不利だったはずの京王旧5000系が大量放出と京王重機のサポートにより人気中古車になったのも事実。

    話がずれるが、今後の関東では京急・京成・都営浅草線グループと東急池上線・多摩川線くらいしか18m車の出所がなくなるので、他社がいかにして20m車を買わせるかに注目している。