【今日は何の日?】寝台特急「富士」「はやぶさ」がラストラン

3月13日、寝台特急「富士」「はやぶさ」が運転最終日を迎えました。

 2009(平成21)年の3月13日、東京駅と大分駅とを結ぶ寝台特急「富士」と、東京駅と熊本駅とを結ぶ寝台特急「はやぶさ」の運転が、この日を出発した列車をもって終了しました。

Large 210313 fuji 01
廃止時は東京~大分間を結んでいた寝台特急「富士」(2008年12月、恵 知仁撮影)。

 寝台特急「富士」は1964(昭和39)年に運転を開始。一時期は東京~西鹿児島(現:鹿児島中央)間を日豊本線経由で走行し、その走行距離は定期運行の旅客列車としては当時日本最長でした。また、1975(昭和50)年までは同じ経路を急行「高千穂」も走っていました。

 寝台特急「はやぶさ」は1958(昭和33)年に運転を開始。長らく東京~西鹿児島間を鹿児島本線経由で走行していましたが、1997(平成9)年に区間が熊本まで短縮されています。

 2005(平成17)年からは「富士」と「はやぶさ」が併結され、東京~門司間は客車を6両ずつ連結して運転されていました。

「富士」「はやぶさ」の廃止により、東京から西へ向かうブルートレインは消滅。残るブルートレインの「北陸」「日本海」「あけぼの」「北斗星」も2015(平成27)年までにすべて廃止されています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント