「夜間ライトアップ」を2年ぶりに実施 箱根登山鉄道 「夜のあじさい号」は運転中止

今年は見ることができます。

ライトアップの実施は2019年以来

 箱根登山鉄道は2021年4月13日(水)、夜でも沿線のあじさいを車窓から楽しめる「夜間ライトアップ」を実施すると発表しました。

Large 210413 hakone 01

拡大画像

あじさいが咲くなかを日中に走行する箱根登山鉄道3000形「アレグラ号」(画像:箱根登山鉄道)。

 箱根登山鉄道では、1994(平成6)年よりあじさいの花が咲くシーズンに沿線6ヶ所で夜間ライトアップを行ってきましたが、2019年10月に台風19号の影響で甚大な被害を受けたため2020年の夜間ライトアップは中止。今回2年ぶりの実施となります。

 夜間ライトアップの実施期間は6月19日(土)から7月4日(日)までの16日間。見ごろ情報については、小田急グループが運営する箱根の観光情報サイト『箱根ナビ』で6月中旬頃から掲載する予定です。

 なお座席指定制の臨時電車「夜のあじさい号」は、新型コロナウィルスの状況を考慮して運休となります。

【了】

【写真】幻想的な「夜間ライトアップ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ライトアップだけでも十分楽しめるかと思いますが、座席指定列車の休止は、残念です。夜のあじさい号を利用する、ほとんどの方は、宿泊込みでの旅行が多くなるのでその影響ですかね?

  2. その時期に咲いている(標高差あるので開花時期に差があります)ライトアップ箇所で停止し室内灯を消してアジサイを楽しむ特別列車。担当の車掌さんが通常では異なる特別な車内放送もあります。乗った時は新人の女性車掌さんでかなりノリノリな放送してました。
    夏至の頃の日没後運転だけに到着時間が遅くなるため、イベント終了時間を早くしてという行政からのお願いとか絡んで難しかったかったのかも。
    また夕涼みがてらビール片手に夜のあじさい号乗りたいです。
    今年は非冷房旧型電車で窓全開にして楽しみましょう。