「斜めホームドア」箱根にあらわる 深さ4.5mのホーム ケーブルカー初の仕組み

箱根登山ケーブルカーの早雲山駅に、駅舎のリニューアルオープンと同時に日本初というケーブルカーの昇降式ホームドアが登場。斜めになった珍しい形です。なぜ設置されたのか、そこには「車庫兼用」といった理由がありました。

ホームドア 設置の理由に納得

 箱根登山ケーブルカーの早雲山駅(神奈川県箱根町)で2020年7月9日(木)、駅舎の全面リニューアルオープンと同時に、昇降式ホームドア(ホーム柵)の使用が開始されました。ケーブルカーへのこのタイプのホームドア設置は、これが日本初といいます。

 3本のバーが昇降する方式で、早雲山駅のケーブルカーホームは200パーミル(20%)の坂になっているため、バーも斜めになっています。

Large 200709 hakonecable 01

拡大画像

斜めになった箱根登山ケーブルカー早雲山駅のホームドア(2020年7月8日、恵 知仁撮影)。

 ホームが傾斜していること、このホームは“車庫”にもなっており車両の下に潜って作業できるピット(穴)が存在することから、安全性を考えて設置したとのこと。ホームからピットの底まで、高さは4.5mあるといいます。

 ちなみに、箱根登山ケーブルカーでもっとも勾配がきつい場所が、200パーミルの坂になっているこの早雲山駅だそうです。

【写真】「斜めホームドア」が開いたところ

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 写真のホームドア、左ポストが傾いて見える。こういう錯覚もあるんだね