【速報】京急新型は「京急初」多数!「新コンセプト1000形電車」初公開 復活の展望席

京急が、新しいコンセプトや仕様による1000形電車を新たに製造。多数の「京急初」があるその車内外を初公開しました。座席指定列車やイベント列車での使用も想定する車両です。

京急初に京急最大 復活の展望席

 京急電鉄が2021年4月15日(木)、新しく製造した1000形電車を報道陣に公開しました。汎用的な構造で汎用的に使われる既存の1000形電車とくらべ、コンセプトや設備など、異なる点が多く存在しています。

Large 210415 kq1000 01

拡大画像

左が従来の1000形、右が新たに製造された京急1000形1891-1編成(2021年4月15日、恵 知仁撮影)。

・着席通勤サービスを提供する座席指定列車「ウィング号」や、貸切イベント列車で使える車両、というコンセプト。
・座席を、混雑に強い側面窓と平行なロングシートと、快適性が高い2人掛けのクロスシートで変換することが可能(京急初)。
・トイレ(バリアフリー対応の洋式トイレ、男性用トイレ)を設置(京急初)。
・全座席にコンセントを設置(京急初)。
・1人あたりの座席幅を460mmへ拡大。「ウィング号」などに使われる2100形より10mm広く、京急最大。
・運転席後ろの「展望席」を復活。

 新しい1000形電車は4両編成が2本、合計8両が製造され、5月6日(木)から「モーニング・ウィング3号」などで使用される予定。他社線にも直通できる仕様ですが、当面のあいだは京急線内のみの走行だそうです。

【了】

【「京急初」の写真多数!】大きく変わった1000形電車―写真で見てみる!

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 京急で初めて回転する座席

    2000形ではどうしても
    乗り降りがしにくい
    京急初の「お手洗い」
    まあ
    品川~三崎口まで1時間ちょいだけど

  2. ウィング号対応のロング↔︎クロスの新型なのに2200形ではなくすでに出ている形式の1000形なのはなぜでしょうか…