羽田に行くなら京急・東京モノレールどっち? 利用割合は3対2 選ぶポイントは

羽田空港へ延びる京急と東京モノレール。利用割合は3対2という状況で、京急が値下げを実施したため運賃にも開きがあります。ただ、選ぶポイントは運賃や、居住地からの利便性だけではないようです。

運賃・アクセス性の広さも京急に軍配?

 山手線から羽田空港への鉄道アクセスは、品川駅から京急(京浜急行)、浜松町駅から東京モノレールの2路線が担っています。国土交通省の資料によると、2017年度の時点で、その利用割合は京急が3に対し、東京モノレールが2です。

 加えて、京急は2019年10月に空港線の値下げ(加算運賃を最大120円引き下げ)を実施したため、京急の品川~羽田空港間は292円になりました。東京モノレールの浜松町~羽田空港間492円と、200円もの差が生じています。

 しかしながら、運賃だけが路線を選ぶ理由ではないようです。大きなポイントとしては、居住地からのアクセス性が挙げられますが、それぞれどう選ばれているのか、ユーザーに聞いてみました。

Large 201223 haneda 01
京急と東京モノレールの車両(画像:photolibrary)。

京急

京急の利用が多い背景には、アクセス性の広さが挙げられます。都営浅草線・京成線などとの相互直通運転により、東京の北東部や千葉方面からも乗り換えなしで直通しているほか、空港から横浜方面にも直通列車が走っています。ちなみに速さの面では、品川~羽田空港(国際線ターミナル)間はエアポート快特で11分。東京モノレールの「空港快速」とほぼ遜色ないといえるでしょう。

 そのため、東京モノレールと競合するのは、山手線からの乗り換え客といえます。たとえば池袋からの場合、浜松町と品川まではどちらも30分ほどですが、西武池袋線の沿線に住む40代男性は、池袋で乗り換え、山手線の内回りで品川へ出て京急を利用するといいます。

 これが新宿や渋谷からとなれば、距離的にも浜松町より品川の方が近くなります。京王線沿線の30代男性も同様のルートをとるといい、このように山手線の西側に乗り入れる私鉄沿線から京急を利用するというパターンが多いと考えられます。

 また、東急田園都市線の沿線に住む30代男性からは、「モノレールは高いイメージがあり、自宅からでなくても京急を利用する」という声も聞かれました。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 「わかりやすさ」で言えばモノレールに軍配でしょう。出入庫にからむ列車以外は、全て浜松町と羽田の往復運転。浜松町での乗り換え先も、乗り入れのないシンプル路線。
    京急は同じホームに多種多様な行先種別の列車が来る。選んで乗ることの出来る人には便利だが、不慣れな人には不安もあろう。
    かく言う私は三田乗り換えの浅草線→京急派。

  2. 相鉄民ですので行きは京急、帰りは二俣川行きバスですね。海老名行きも試してみたいですが妙に高いので。関係ないですがむかし羽田からYCATへのバスが横羽線経由だったころ、横浜駅東口の目の前を嫌味なことにわさわざ通りすぎて駅歩10分のYCATに到着していました。

  3. >速さの面では、品川~羽田空港(国際線ターミナル)間はエアポート快特で11分。東京モノレールの「空港快速」とほぼ遜色ないといえるでしょう。

    都営の定期券を持ってから、モノレールから京急を使うようになったが、エアポート快特は40分に1本しかないので、去年5回、今年3回行って、一度もエアポート快特ではなく、エアポート急行という、ほぼ半分以上の駅に停車するのばっかり、特に空港線は各駅停車に降格。帰りも、品川まで急行と思ったら、いきなり地下鉄線内はエアポート快特に変則。これでは、都心の住民は離れてしまいます。今では待たずに来た電車で蒲田に行って横須賀方面から来た快速にのれば、品川までノンストップで地下鉄は全て停車してくれます。なのに、空港の放送は「品川方面は、後のエアポート急行をお待ち下さい」しか言わない、「エアポート急行は地下鉄線内は通過駅があります。」ときちんと説明しないと国土交通省から注意勧告が出るでしょう。「都心方面は蒲田で横須賀方面からまいります快速が便利です」と放送するべき。また、地下鉄線内でも毎駅ごとに「このエアポート快速は京急線内では快速になります」ときちんと云うべき、三田線の東急。新宿線の京王は、きちんと東急・京王線内は何になるか説明してくれる。停車駅まで説明する放送もある。

    東京モノレールの「空港快速」は、12分間隔にあるので、全く相手になりません。東京モノレールに軍配があがります。

  4. 品川から新幹線と言うことで京急です。

    以前は京急品川駅の跨線橋上にエクスプレス予約発券機があり、京急構内でJR券を受け取れたのでJR東日本構内を中抜けでき大変楽でした。
    新幹線なら小田原や熱海から羽田空港まで60分ほど。京急が羽田空港まで繋がって、新幹線が品川に停まってくれて本当に助かります。
    浜松町は東海道線が停まらなく、山手線に乗換になり手間と時間が掛かっていたので、以前は横浜から空港までバスでした。

  5. モノレール派だったが、インチキ鉄道ファンの指原を公式アンバサダーに使ってから京急に変えた。