新型「ホンダジェット」が誕生! 名は「エリートS」 従来モデルとの違いはどこ?

好調のホンダジェット、ついにもっと凄い版が!

離陸重量アップでキャパor航続距離アップ

 Hondaの航空機事業子会社の米国ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)が、2021年5月26日(水)、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット(HondaJet)」の最新型としてアップグレードされた「ホンダジェット エリートS(HondaJet Elite S)」を発表しました。

Large 210527 s 01
ホンダジェット エリートS(画像:ホンダ エアクラフト カンパニー)。

 最新型「エリートS」は、従来モデルとくらべて、運用性能をさらに拡充し、操縦性をさらに向上しました。機体の最大離陸重量は200ポンド(約91kg)増加。より多くの荷物を搭載すること、あるいは燃料搭載量を増やし航続距離を最大120ノーティカルマイル(約222km)伸ばすことが可能としています。

 コックピットもアップグレードしています。無線通信をテキストメッセージで行う機能「FAA Data Comm」や、パイロットの地上操縦時の負荷を軽減する「ASAS(Advanced Steering Augmentation System)システム」などを導入。パイロットの負荷を軽減するほか、機体運用の安全性を向上したとのことです。

 機体カラーには、新しい特別色「ガンメタル」「ラックスゴールド」「ディープシーブルー」の3つを追加。特徴的なElite Sのロゴには、赤の“S”字が加わり、同時にエクステリアカラーの選択に応じて色をカスタマイズできるオプションも追加されます。

 HACIの藤野道格代表取締役社長は、「2018年のホンダジェットエリート販売開始以来、同クラスの小型ビジネスジェット機を上回る性能と効率性をお客様に提供してきました。新しいエリートSがもたらす革新、設計、および最先端のエンジニアリングにより、今後もビジネス航空業界において、新たなスタンダードを確立してまいります」とコメントしています。

【了】

【ワイルド系イケメン!?】同時公開されたスペシャルコンセプトデザイン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント