大阪モノレール「東大阪延伸」軌道桁架設工事へ 6月中に発注 工期77ヶ月

近鉄奈良線を目指して伸びていきます。

32年ぶりの本線延伸

Large 210602 osaka 01

拡大画像

万博記念公園駅を出発する大阪モノレール1000系(乗りものニュース編集部撮影)。

 大阪モノレールは2021年6月10日(木)、門真市~瓜生堂(仮)間で延伸が計画されている区間について、2021年6月中に軌道の桁架設工事を発注予定であることを発表しました。

 今回延伸される門真市~瓜生堂(仮)間は、本線である「大阪モノレール線」としては1997(平成9)年以来の延伸で、延伸部延長8.9kmには途中駅が3つ(門真南、鴻池新田、荒本。いずれも仮称)が設置予定。終点の瓜生堂(仮)駅では近鉄奈良線にも新駅が設置され、乗換駅となる計画です。延伸区間の開業目標は2029年となっています。

 工事概要は桁の製作場整備と製作、架設、桁付帯物工事です。工期は77ヶ月を予定しています。

 延伸区間ではこれまで、2020年に軌道法に基づく工事施行認可を取得、瓜生堂(仮)駅付近に設置される車両基地の整備工事が発注されるなど、新線建設が着実に進められています。
 
【了】

※一部修正しました(6月12日18時20分)。

【大阪モノレールの延伸ルート図】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 世界最長の座を奪還するまであと何十km延ばさなければならないのだろう。

  2. 軌道桁「架設」工事ですよね?仮設じゃないですよね?

    • ご指摘ありがとうございます。
      訂正いたしました。

    • 編集部様
      早々の対応ありがとうございました。

      大阪モノレールは大阪(伊丹)空港へ行くのによく利用します。
      JR東海道線(京都線)に大阪モノレール宇野辺駅との間で乗換できる駅が設置されるとありがたいのですが、
      歴史的経緯もあって難しいですかね。

  3. 延伸区間の途中駅、新たに一つ追加予定です
    https://www.city.kadoma.osaka.jp/kurashi/kotsu/13992.html