真岡鐵道「SL前面展望」動画を公開 蒸気噴き上がる視界 意外なスピード感

前へ前へ突き進んでいく蒸気機関車の力強さ!

運転風景に続いて今回は前面展望

Large 210619 mooka 01
真岡鐵道で活躍するC1266号機蒸気機関車(画像:真岡鐵道)。

 茨城県筑西市と栃木県茂木町を結ぶ真岡鐵道は2021年6月23日(水)、公式YouTubeチャンネルに新規動画を投稿。貴重な「SLもおか号」の運転台からの映像を公開しました。

 真岡鐵道では2020年10月にも走行中の運転台の様子を公開していますが、今回は前面展望です。動画で力走する蒸気機関車「C1266」は定期検査に伴い2021年8月初旬まで運休していますが、「中々見られないSL機関士目線の動画」を体験してほしいとしています。

 下館駅を出発した蒸気機関車C1266は力強い足取りで、かつ伸びやかに平野部を走っていきます。蒸気の噴出する音、響く警笛、動輪を動かす主連棒の金属音が「SLならでは」ですが、車内で聞こえる「制限30!」「場内注意!」の歓呼は、普段の通勤電車と変わらないのが逆に新鮮に聞こえます。

 動画はダイジェストながら30分間、下館~茂木間全線を収録しています。収録は2021年3月5日の「SL感動体験列車」の運行時とのことです。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント