世界初「電気を運ぶ船」建造へ 船を海底ケーブルの代わりに 目指すは自然エネの“爆発的普及”

自然エネルギーの普及を目指し、世界で例のない「電気運搬船」を建造する日本発のプロジェクトが始まりました。電気をつくる、貯める、運ぶの一本化を実現する極めて壮大な計画です。

新発想「電気を運ぶ」

 世界に例のない「電気を運ぶ船」を建造する壮大なプロジェクトが日本で始まります。

 自然エネルギーの普及、蓄電、送電の新規事業を展開する株式会社パワーエックス(PowerX、東京都港区)が、2021年8月18日(水)にオンラインで事業発表を行いました。

Large 210818 powerx 01

拡大画像

パワーエックスが建造する電気運搬船「パワーアーク100」のイメージ(画像:PowerX)。

 パワーエックスは、ZOZOの取締役兼COOを退任した伊藤正裕さんが3月に設立した新しい会社。同社が掲げた事業は大きく2つあり、ひとつが、電気を運ぶ船「パワーアーク」の自社開発、もうひとつが、国内に大型の蓄電池工場を建設することです。

 このうち電気を運ぶ船は、コンテナ型の蓄電池に電気を貯めて船で「送電」するという発想で、洋上風力発電所の拡大をにらんだもの。従来、発電所から陸までは海底ケーブルで送電されていましたが、船が海底ケーブルの代わりになるといいます。

「より風の強い沖合へ洋上風力を建設することが容易になります。高圧の電気を通す海底ケーブルの建設は、環境面の負荷も大きいものですが、電気運搬船はケーブルより送電コストも安く、早期に送電を実現することが可能です」(伊藤社長)

 初号船に予定している「パワーアーク100」は船長約100m、船舶コンテナ型の蓄電池を100個搭載し、220MWh(メガワットアワー)の蓄電が可能。これはおおよそ1都市(2万2000世帯)の1日分の電気だそうです。災害時に大規模な停電などが発生した場合、「船が有事の電源になる」(伊藤社長)とのこと。

 より大型の船も計画しており、コンテナ3000個を積める全長220m級の船であれば、5660MWhの電気を運搬できるとのこと。船の航続距離はパワーアーク100で100~300kmだそうですが、これは電気推進のみの場合で、クリーンディーゼルなどの燃料を組み合わせることで1000kmの航行も可能になる見込みだそうです。

 初号船は2025年完成予定。パワーエックスはこの「電気の輸送」により、自然エネルギーの“爆発的普及を実現する”ことを事業ミッションに掲げています。それに先駆けて展開するのが、もうひとつの柱、蓄電池工場の建設です。

【どうやって?】電気運ぶ船&コンテナ型蓄電池のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. その船で火災や衝突、沈没等事故が起きたら手を付けられなくなるのでは。
    都市一個分の電力を詰め込んであるものを管理制御できなくなったらどうするんだろう。
    その上リチウム電池だったりしたら一歩行けばふんだんな水があるわけで…

    • 危険性は石油タンカーも同じでは。

  2. 水洗トイレの排尿や排便から医薬品から肥料まで流れ作業で行うことが可能なプラントを考えてみたら面白いと思います。