最高出力1000馬力オーバー ダカール・ラリー2022参戦車両を公開 日野自動車

日野初のレース用ハイブリッドシステムを搭載。

車重8.6t、フルタイム4WDのハイパワーマシン

 日野自動車は2021年10月25日(月)、サウジアラビアを舞台に開催されるダカール・ラリー2022に、「日野チームスガワラ(代表兼ドライバー:菅原照仁/プロジェクトチーフエンジニア:榎本 満)」として参戦するための専用車両が完成したと発表しました。

 参戦車両は、2020年のレースで用いたボンネット車をベースに、さらなる軽量化を図ったもので、加えて日野初のレース用ハイブリッドシステムと高馬力エンジンを搭載。開発・テストを繰り返し、圧倒的な動力性能を実現したといいます。

Large 211025 hino 01

拡大画像

日野自動車が発表したダカール・ラリー2022参戦車両(画像:日野自動車)。

 具体的には「HINO600シリーズ」をベースに、排気量8866ccの4サイクル直列6気筒インタークーラーターボ付きディーゼル「A09C-TI」エンジンを搭載、最高出力は800馬力(588kW)を発揮するとのこと。なおHV最高出力は280馬力(206kW)のため、システム最高出力は1080馬力(794kW)になります。

 トランスミッションは前進6速、後進1速のフルAT。これにハイ/ローのレンジ切替式のセンターデフロック付トランスファーが組み合わせられています。

 駆動方式はフルタイム4WDで、燃料タンク容量は800リットル。車体サイズは全長6.7m、全幅2.5m、全高3.1m、ホイールベースは4.17mあり、車両重量は8.6tです。

 なお、動画サイト「YouTube」の日野チームスガワラ公式チャンネルでは、その走行シーンも公開されています。

【了】

【圧倒的モンスターマシン】ダカール・ラリー2022参戦車両の走行シーン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント