これも「スバル車」!? 世界唯一 スバルの水平対向エンジン搭載の「大砲」 一体どう使うのか

自動車の界隈では根強いファンも多いスバルの水平対向エンジン。そのエンジンを搭載した大砲が陸上自衛隊にあります。世界でも唯一のスバル製エンジン搭載の大砲とはどのようなものでしょう。

陸上自衛隊で最も調達数の多い大砲

 世界には大小合わせて400社以上の自動車メーカーがあるといわれています。そのうち、市販4輪車向けでドイツのポルシェと、日本のSUBARU(スバル)のわずか2社しか手掛けていないのが、水平対向エンジンです。

 この、いまでは世界的に見ればレアともいえるエンジンを積んだ大砲を陸上自衛隊が装備しています。その名は「155mmりゅう弾砲FH70」、一見すると車両には見えませんが、一体どこに水平対向エンジンを積んでいるのでしょう。

Large 210514 fh70 01

拡大画像

駐屯地記念行事で空砲射撃を行う155mmりゅう弾砲FH70(柘植優介撮影)。

 155mmりゅう弾砲FH70は、過去含め陸上自衛隊が装備した大砲のなかで最も調達数が多いものです。約500門が導入され、現在も約250門が使用されています。

 導入が始まったのは1983(昭和58)年度からで、従来のアメリカ製155mmりゅう弾砲M1および105mmりゅう弾砲M2を更新する形で、北海道を除く本州以南の部隊に配備されました。

 155mmりゅう弾砲FH70は、基本的にはトラックで牽引されます。それであればエンジンなど必要ないように思えますが、ではなぜかというと、トラックから切り離したあとで自走できた方が便利だからです。

【写真】踏み付け禁止! スバル製水平対向エンジンの収納部

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント