新生「インテグラ」発表 ホンダからアキュラへ 旧きインテグラへのオマージュ満載!

ビデオがもう…最高!

アキュラの「インテグラ」発表

 米国ホンダの高級車ブランド・アキュラは2021年11月12日(金)、新型「インテグラ」を発表しました。かつてホンダブランドで販売されていたペットネームが復活する形です。

Large 211112 inte 01

拡大画像

アキュラの新インテグラ(画像:アキュラ)。

 インテグラは1985(昭和60)年デビュー。セダンやクーペがラインアップされ、上皇陛下がプライベートの愛車とされていたことでも知られます。2006(平成18)年に生産が終了していました。

 それから15年を経てアキュラブランドで発表された新生「インテグラ」は、クーペスタイルの5ドアプレミアムスポーツコンパクトになりました。1.5リッターVTECターボエンジンを搭載し、6速MT車も設定。スタート価格はおよそ3万ドル(発表日レートで約343万円)になるそうです。

 今回のインテグラ、車体はもちろんプロモーションビデオにも、かつて日本で生産されていたインテグラへのオマージュが満載です。

 傾斜したルーフラインとリフトバックテールゲートを特徴とするクーペスタイルは、かつてのインテグラのラインを現代的に解釈したものだそう。また、運転席側ヘッドライト下と助手席側テールライトの下方でボディに直接刻まれた車種名も、かつてのスタイルに沿っています。

 また、キーカラーとして打ち出されているインディイエローパールペイントは、2000年初頭のインテグラ タイプRで提供されていたフェニックスイエローへのオマージュだそうです。

 新生インテグラは米国オハイオ州のメアリーズビル工場で生産、2022年前半発売の予定です。

【了】

【懐かし要素満載!?】新「インテグラ」写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント