ひざ上8cm JALミニスカCA制服は「搭乗方法」も影響ありか? 当時の流行だけでなく

JALのCA制服の歴史を振り返ると、注目度の高かったもののひとつに、ひと際短いミニスカートが特徴の5代目制服があります。これは当時の流行を取り入れたものという説が濃厚ですが、それまでの歴史を見ると別の背景もありそうです。

きっかけはB747「ジャンボ」就航のミニスカ制服

 JAL(日本航空)のCA(客室乗務員)制服の歴史を振り返ると、注目度の高かったもののひとつに、「高度経済成長時代」の1970(昭和45)年から約7年使用された、5代目制服があります。

 この制服は、JALのCAを主人公とするテレビドラマ『アテンションプリーズ』で登場し、人気を博したものです。なお、『アテンションプリーズ』は、2006(平成18年)に、リメイク版も放送されています。しかし、この制服が人気を持つ理由はそれだけではありません。

 この制服でひと際目立つのは、そのスカートの短さでしょう。JALの制服のなかでも、ひと際短いミニスカートが採用されています。日本の航空会社では2014(平成26)年、スカイマークがひざ上15cmの超ミニスカート制服を採用したことで話題となりましたが、JALの5代目制服もかなりの短さで、ひざ上8cmです。

Large 200310 uni 01

拡大画像

ミニスカートが特徴のJAL5代目CA制服(2019年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 日本では1967(昭和42)年、来日したイギリス人モデル、ツィギーがミニスカートを着用していたことをきっかけに、第1次ミニスカブームが到来します。この流行を取り入れたのが前述の、「ジャンボ」ことボーイング747型機就航を記念し新調されたミニスカートの5代目制服、ということだそうです。

 ただし、このミニスカ制服が採用された背景は、どうやらこれだけではなく、この時代の飛行機の搭乗方法も関わっているようです。

【写真】かつてのJAL CA制服 歴史順にスカートの長さを見比べ

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント