新型通勤電車「315系」車掌は千里眼か!?「青いネクタイですよね」中央本線に投入

JR東海が、新型の通勤電車315系を公開。通勤電車として最先端の安全性、安定性、省エネ性、快適性を持つ車両のひとつになっています。またその登場により、JR東海は国鉄時代製造の車両がない初のJRになる見込みです。

AIが「いい感じ」にしてくれます

 JR東海が2021年12月3日(金)、在来線の新型通勤電車「315系」を報道陣へ公開しました。通勤電車として最先端の安全性、安定性、省エネ性、快適性を持つ車両のひとつで、おもな特長は次の通りです。

Large 211203 315 01

拡大画像

JR東海の新型通勤電車315系(左)と、国鉄時代製造の211系(2021年12月3日、恵 知仁撮影)。

・夏に体感するのが待ち遠しい!? 国内初の冷房AI制御

 各車両の状況に応じてAIが随時、各車両の冷房を適切に調整してくれるそうです。国内初の機能とのこと。冷房能力自体も3割アップしているほか、弱冷房車も1両設定されています。

・さようなら 不快な「もたれかかり」

 座席の仕切り壁が大型化され、端の席の人にとって、横に立つ人の存在感が減ります。座席自体も1cm広い46cmになったほか、腰の負担が少ない形状を採用しています。実際に座ってみたところ、腰回りをしっかりサポートしてくれる感じでした。

・「電気がない電車状態」でも安心

 非常時を想定した走行用バッテリーを搭載。停電しても、最寄り駅など安全なところまで自走できるそうです(2022年夏以降に順次搭載予定)。

JR東海 渾身の新型電車「315系」その車内・運転室とか色々【写真】で見てみる!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 麻衣メロディ Cancel reply

1件のコメント

  1. 少なくとも北海道・東日本・西日本・九州はSL等イベント用があるから国鉄車全廃はまずあり得ない。