「青春18きっぷ」の代わりになる? 地域限定で発売されているJRフリーきっぷ

JRの普通列車が乗り放題の「青春18きっぷ」は5日(回)分のセット販売になっていて、日帰り旅行などでは使いにくい面もあります。このような場合、全国各地で発売されている地域限定のフリーきっぷを使うという手もあります。

セットの「18きっぷ」と1日単位のフリーきっぷ

 JR全線を利用できるタイプの企画きっぷのなかでも、とくに有名なのが春、夏、冬の3シーズン限定で発売される「青春18きっぷ」。原則として各シーズン中の普通列車に限り、自由に乗り降りできます。

Large 180626 seisyun18junjiru 01c
「青春18きっぷ」は1枚で5日(回)分がセットになっている。1日(回)分ずつ買うことはできない。

 このきっぷの発売額は1万1850円で、ひとりが1日自由に乗り降りできる「権利」を5回分セットで販売しています。1日(回)分の金額は、1万1850円÷5回=2370円。たとえば、東京駅から高崎線の深谷駅(埼玉県深谷市)までの76.1kmを1往復(所定の運賃は往復で2640円)だけで元が取れる計算になります。

 しかし、これはあくまで“ひとり1日分”と所定の運賃を比べた場合の話。「18きっぷ」は5日(回)分のセット販売ですから、仮に東京~深谷間を1日で1往復したとしても、残り4日(回)分も別の旅行などで使わなければ、結果的に所定の運賃より高くなります。

 利用する範囲が限られているのなら、各地で発売されている地域限定の1日フリーきっぷを「18きっぷ」の代わりとして使うという手もあります。「18きっぷ」の1日(回)分より若干高く、利用できる日も土曜、休日に限られていることが多いものの、所定の運賃よりは安く旅行できる場合が多いです。

 たとえば、東京~大月間の87.8kmを1日で1往復する場合、関東近郊エリアのJR線が1日自由に乗り降りできる「休日おでかけパス」を使えば2670円。「18きっぷ」の1日(回)分より300円高いですが、それでも所定の往復運賃(2980円)よりは310円安くなります。

「この夏は『18きっぷ』を使って旅行するつもりだけど、スケジュールの都合で5回分を使い切れそうにない」と思ったら、基本的に1日単位で発売されている現地のフリーきっぷを使うことも考えた方がいいでしょう。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180626 seisyun18junjiru 02
  • Thumbnail 180626 seisyun18junjiru 01c

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 休日おでかけパスは色々使い道ありますが、他の地域から来た鉄道ファンには特にJR東日本の特急形車両の試し乗りをお勧め。
    案外効率良く、かなりお得ですよ。

  2. 北陸線長浜からえちごトキメキ直江津(他に小浜線青郷、越美北線、城端線、氷見線、のと鉄道和倉温泉、高山線猪谷、大糸線中土)まで土休日で使えて大人2,500円(子ども1,000円)の「北陸おでかけパス」は無視ですかそうですか。まぁ3日前までの発売だし大阪京都名古屋や直江津、上越妙高では買えないしね(近江八幡や安曇川、逆だと糸魚川だと買えるけど)……。
    それと関西1デイパスの「私鉄も使える!」を外して3,600円を少し安くしてもらえませんかね……とその私鉄利用者は思うのであるまる。

  3. JR東海だと静岡地区の
    休日乗り放題きっぷ2670円が抜けてますね。

    数十円超過で金額上アウトですが、
    類似商品で富士山満喫きっぷ3070円というのも。
    こちらは休日乗り放題に比較して東海区間乗り範囲端狭いものの東海旅客鉄道以外も乗車可なので、
    ことによっては休日乗り放題よりやすいかも?

  4. 関西ワンデイパスももう少し使いやすければいいのだが…。
    3600円だから遠出じゃないと使いにくいし、何より当日購入出来なくなったのが地元以外の人間にとって酷い改悪。
    GWの関西旅行でいつもの調子で使おうとしたら当日購入出来なくなったと知って本当に困った。(知ったのが使用前日の24時直前だったのでもうどうする事も出来ず)

  5. グンマーワンデー世界遺産パス「……」

  6. JR北海道・・・そんな便利な1日フリー切符なんてないよ