「世界最大の客船」記録更新 ロイヤルカリビアン新造船デビュー とんでもないデカさ!

「ワンダー~」ですよ今度は!

世界最大をまたも塗りかえ! 「ワンダー・オブ・ザ・シーズ」登場

「世界最大の客船」またも記録更新です。アメリカ西海岸を拠点とするロイヤル・カリビアン・インターナショナルの新たな豪華客船「ワンダー・オブ・ザ・シーズ」が2022年3月4日、フロリダからカリブ海へ向け初の営業公開へ出航しました。

Large 220308 wonder 01

拡大画像

ワンダー・オブ・ザ・シーズ(画像:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル)。

「ワンダー・オブ・ザ・シーズ」は、横倒しにした東京タワーより大きい全長362m、船の大きさの目安となる総トン数は23万総トンです。ロイヤル・カリビアンは2000年代以降、“世界最大の客船”を次々と投入してきましたが、今回は2018年就航の「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」より6000トンほど大きくなりました。

 客室数は2800以上を数え、乗員乗客合わせて8000名以上を収容できます。船内は8つのエリアに分かれ、20店舗以上のレストランやバー、ラウンジを用意。2万本以上の草木が植えられた公園もあるなど、その規模はほぼ「街」といっても過言ではありません。

 ウォータースライダー付きのプールや、滑り台・ボルダリング設備、ミニゴルフコースなどもありますが、今回特に強調されているのはエンターテインメントプログラムです。5階建てマンションにも相当する高さからの空中アクロバット、アイスアリーナで繰り広げられる世界トップクラスのパフォーマーによるアイススケートショーなどがあるということです。

 ワンダー・オブ・ザ・シーズは2022年4月までカリブ海クルーズを運航し、その後、地中海の夏を彩るバルセロナ、スペイン、ローマなどをめぐる地中海クルーズへ向かうといいます。

【了】

【ワンダー!!】世界最大の客船の内外 画像で見る

最新記事

コメント