JR貨物 吹田機関区で機関車特別公開 定期運行終了の「EF66 27」も展示 親子向け無料公開も

「ニーナ」も展示!

有料撮影会と親子向け無料公開を実施

 JR貨物は2022年5月9日(月)、関西支社吹田機関区に所属する主要機関車を集めて特別公開すると発表しました。

Large 220509 suita 01
JR貨物のEF66形100番台(画像:JR貨物)。

 特別公開は有料撮影会を行うとともに、一部時間帯は親子向け無料公開を実施するものです。

 展示機関車は、国鉄時代から使用し、先ごろ定期運行を終了したEF66形27号機や東海道本線を走行する主力機関車のひとつであるEF210形300番台などを予定。EF66形27号機は鉄道ファンから「ニーナ」の愛称で親しまれた機関車です。

 有料撮影会の開催日は5月21日(土)と22日(日)の2日間。21日(土)は15時からと17時30分からの2回、22日(日)は12時30分からと15時から、17時30分からの3回です。撮影時間は各回80分ですが、17時30分からの回は100分となります。

 募集は各回20人で、参加費用は一人2万7000円(税込)。17時30分からの回のみ一人3万円(税込)です。なお有料撮影会は18歳以上が対象となります。

 申し込みは5月11日(水)の14時から、ジェイアールエフ商事株式会社ホームページ「かもつマルシェ」で受け付けます。

 なお、親子向けの公開は21日(土)の午前9時50分から10時50分まで開催。対象は大阪府在住の小学生以上の子どもと保護者に限られます。

【了】

【画像】定期運行を終了した「EF66 27」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント