"環3"外苑東通り拡幅! 交通切り替えで上下線分離 4車線化まであと少し

“4車線化”はまだですが、大きく変わります!

牛込柳町駅前後の区間を拡幅

 東京都建設局が事業を進めていた環状3号線「外苑東通り」の拡幅事業が進捗し、2022年7月24日(日)24時ころ、新宿区市谷地区で暫定的な交通開放が行われます。

Large 220722 yakuoji 01

拡大画像

交通切り替え間近の市谷柳町交差点付近(乗りものニュース編集部撮影)。

 対象区間は、女子医大通りが交わる市谷仲之町交差点から、大久保通りが交わる市谷柳町交差点(都営大江戸線 牛込柳町駅)までの「薬王寺」区間およそ400mです。同区間はこれまで2車線でしたが、東側に拡幅し、4車線となる計画です。

 今回の交通開放は、拡幅された側と既存側、それぞれ外側の1車線とを使い、上下線を分離する形になります。この後、内側2車線の整備を進め、年内には4車線となる見込みです。当初は2021年度内の4車線解放だったのが延期されたものの、事業が確実に進捗しています。

 なお、市谷柳町交差点から北、弁天町交差点までの「弁天町」区間およそ580mについても4車線化事業が進行中。薬王寺・弁天町の両区間が完成すと、外苑東通りは港区芝公園~文京区江戸川橋までが全て4車線になります。

【了】

【交通切り替え区間の地図&現地の様子 画像で見る】

最新記事

コメント