子鉄&親 戦いの夏「子連れスタンプラリーあるある」 大人の思う通りには全くならない!!

夏休みも間もなく折り返し地点。“子鉄”のお子さんを持つ親御さんにとっては、鉄道スタンプラリーで有意義な? 過酷な!? 夏を過ごしているのではないでしょうか。実は親子の大イベントかもしれない子連れの鉄道スタンプラリーを語ります。

子どもは大人の思う通りにいかない生き物である

 鉄道会社のスタンプラリーは、夏休みの定番イベントのひとつ。筆者の息子は“子鉄”だったため、親子スタンプラリーも過去に数回参戦しました。しかし、一度もコンプリートできたことはありません。全駅制覇どころか、押せても5駅くらいで毎回“途中下車”するのが現実です。

 なぜか? それはひとえに、子どもという生き物が、「大人の思う通りに全くならないから」に他なりません。子連れスタンプラリーのリアルを紐解いてみましょう。

Large 220803 stamp 01
鉄道スタンプラリーは夏休みの定番イベントのひとつ(画像:kawamuralucy/123RF)。

やる気のある子どもに付き合うのが本当に大変

 我が子が鉄道大好きなら、腹を括りましょう。やる気に満ち溢れ、目がキラキラしている以上、親は付き合うことが責務です。しかし、スタンプの数と親の疲労度は比例します。交通費もバカにならず、金銭的にも時間的にも、そして何より体力が激しく消耗します。

寝ないでくれ我が子… 寝起きの悪い子の相手が辛い

 年齢が低いほど、車内で寝てしまう確率は上がります。無理に起こせば不機嫌になり、起きるまで待つなら計画は頓挫。どっちも痛いので、「君が寝ちゃった場合はどうするか」を事前に話し合って決めておくのはどうでしょうか。やる気がある子ほど「起こして!」となるので、目覚めが悪くても奮い立ってくれることでしょう。

押したがるけど失敗… テンションがた落ちの子の機嫌取りが面倒

 筆者の子だけなのかもしれませんが、スタンプを押すのが下手くそなのに自分で押したいので、失敗するたび涙目、自暴自棄になり大変でした。解決策として、スタンプ用紙を別にこっそり用意しておくことにしました。子どもは無くしたり破いたりすることもあるので、スペアを準備しておくと安心です。

【画像で見る】2022年夏休み開催の鉄道スタンプラリー等

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 大人のスタンプラリーマニアですが
    子供は意外とスタンプ押すのを楽しんでます思い出にしたいのか一緒懸命に
    コンプ目指すなら数駅で景品もらえるラリーを階段はきついからエレベーターなど使ったほうがいいです