新規7か所事業化「スマートIC」関東エリアに一挙4つ 「準備段階」も新規4か所

いよいよ具体的な整備事業が進められていきます。

北海道から九州まで

Large 220419 sic 01

拡大画像

ETC車のみ利用可能な「スマートIC」(画像:写真AC)。

 国土交通省は2022年9月30日(金)、高速道路のスマートインターチェンジ(ETC設備のみ設置の簡易IC)として、新たに7か所を事業化したと発表しました。7か所は以下のとおり(いずれも仮称)。

●新得スマートIC(北海道新得町、北海道横断道)トマムIC~十勝清水IC間 ※PA設置とあわせて事業化

●八幡平スマートIC(岩手県八幡平市、東北道)松尾八幡平IC~安代IC間

●千代田スマートIC(茨城県かすみがうら市、常磐道)土浦北IC~千代田石岡IC間

●足利スマートIC(栃木県足利市、北関東道)太田桐生IC~足利IC間

●検見川・真砂スマートIC(千葉市、東関東道)湾岸習志野IC~千葉北IC間

●外環八潮スマートIC(埼玉県八潮市、外環道)草加IC~外環三郷西IC間

●神田スマートIC(滋賀県長浜市、北陸道)長浜IC~米原IC間

 ICの構造形式は、検見川・真砂SICが東京方面側の片方向、残りが全方向となる予定。いずれも全車種が24時間利用可能です。

 今後、国の補助を受け、自治体とNEXCO各社によって、整備が進められます。開業予定はいずれも未定となっています。

 あわせて、事業の準備段階である「調査着手箇所」も新規に4か所設定されました。対象は以下のとおり(いずれも仮称)。

●壬生PAスマートIC(栃木県壬生町、北関東道)都賀IC~壬生IC間

●屋代スマートIC(長野県千曲市、上信越道)坂城IC~長野IC間

●加計スマートIC(広島県安芸太田町、中国道)千代田IC~戸河内IC間 ※フルIC化

●霧島スマートIC(鹿児島県霧島市、東九州道)国分IC~隼人IC間

【了】

テーマ特集「【道路計画特集】高速道路、バイパス 次に開通するのはどこ?工事の進捗は?」へ

【7か所が新規事業化!スマートICの位置と詳細】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ●屋代スマートIC(長野県千曲市、関越道)坂城IC~長野IC間
    10月1日2時現在の表現

    → 長野県に関越道はありませんよ
      記事書いてる人は内容理解して書いてるのかな~

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  2. 屋代スマートIC(長野県千曲市、長野道)坂城IC~長野IC間
    10/5 15時時点
    長野道ではなく上信越道ですね。
    一度誤りがあったのなら、しっかり確認してから訂正されることを望みます。

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。