“アウトドア系”全振り!なダイハツ「タント」発売 使い勝手◎ 3モデル展開で攻勢

カラーバリエーション、全部合わせるといくつあるんだろう……。

タント改良 タントカスタム&新モデルも

 ダイハツは2022年10月3日(月)、軽自動車「タント」「タント カスタム」をマイナーチェンジするとともに、新モデル「タント ファンクロス」を設定して発売しました。

Large 221003 tanto 01

拡大画像

新設定のタント ファンクロス(画像:ダイハツ)。

 ファンクロスは、“アクティブ系スーパーハイトワゴン市場”を狙ったという新モデル。スクエアのヘッドランプ、ゴツめのバンパー、ルーフレールなどアウトドアユースを意識した外観が特徴です。汚れた荷物や濡れた道具を置いても手入れのしやすい撥水シート、防水加工シートバック、夜間の積下ろしで役立つラゲージルームランプやUSBソケットといった装備を有します。

 上位モデルのタント カスタムも、ワイド感を強調したフロントフェイスやメッキ加飾など外観が変更されており、インテリアもさらに上質感を演出しているということです。

 価格はタントが138万6000円~、カスタムが178万2000円~、ファンクロスが172万1500円~で、一部の福祉車両を除き全グレード200万円未満となっています。

【了】

【画像で見る】3モデル構成の新「タント」

最新記事

コメント