ダイハツ「ハイゼットカーゴ&アトレー」17年ぶり代替わりで超進化 加速カックンなし!

商用車のイメージ変わるかも!

これが令和の軽バンだ! 新型「ハイゼットカーゴ」「アトレー」

 ダイハツは2021年12月20日(月)、軽商用車「ハイゼットカーゴ」「アトレー」を17年ぶりにモデルチェンジし発売しました。

Large 211220 hijet 01

拡大画像

新型ハイゼットカーゴ(左)とアトレー(画像:ダイハツ)。

 今回のモデルチェンジでは、両車種ともプラットフォームを一新。パワートレインにはFR車用のCVTを軽商用車として初めて採用。従来のATのような変速ショックのない滑らかな加速と低燃費を実現しているといいます。変速比幅の拡大により、発進時はLOWギアで力強く走り出し、無段階変速のため登坂時でも快適だそう。また、クラス初となる電子制御式4WDも採用しているそうです。

 予防安全機能「スマートアシスト」も乗用車と同様に充実しています。夜間の歩行者検知も可能な衝突回避支援ブレーキ機能、ADB(アダプティブドライビングビーム)、スマートインナーミラーなどのほか、誤発信抑制機能はMT車にもつきました。アトレーにはさらに全車速追従機能付きACCも搭載しています(グレードにより一部異なる。オプションあり)。

 両車種ともエクステリアから一新しており、ボディをスクエアにしたことで荷室長、荷室高とも従来よりアップ。ハイゼット カーゴはフロントバンパーを上下2分割構造とすることで、ロアバンパーのみでの交換が可能になりました。また、後席のスライドドアはクラス初となるパワースライドドアになりました。

 一方、アトレーは積載量と積載スペースを最大限活用することを目的に、5ナンバーの軽乗用ワゴンから、4ナンバーの軽商用バンに変更。また、ハイゼットに設定されていたオープンデッキの「デッキバン」仕様が新設定されるなどしています。

 ハイゼットカーゴの税込価格は104万5000から、アトレーは156万2000円からです。

【了】

【これ軽バン!?】新型ハイゼットカーゴ&アトレーを写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント