巨大クレーンに圧巻! 清水建設の世界最大級「作業船」ついに登場 海の5兆円市場に切り込む

世界最大級を誇る「SEP船」と呼ばれる作業船が公開されました。建造したのはゼネコン大手の清水建設。この船で、5兆円規模に上るという「洋上風力発電所」の市場に切り込んでいきます。

でけえ… 2万8000総トンの大型作業船

 異例の大きさの「作業船」がついにお披露目です。清水建設は2022年10月5日、世界最大級の自航式SEP船(自己昇降式作業台船)「BLUE WIND」を報道関係者に公開しました。

Large 221006 sep 01

拡大画像

清水建設のSEP船「BLUE WIND」(深水千翔撮影)。

 SEP船とは、クレーンなどが設置されているプラットフォーム(船台) と、洋上に留まるための昇降式の脚で構成された作業用の船舶です。その主な目的は、陸地から遠く離れた洋上風力発電所の建設にあります。洋上風力の需要拡大と大型化に備え、清水建設が造船大手のジャパンマリンユナイテッド(JMU)に発注していたもので、2023年から稼働を開始する予定。清水建設エンジニアリング事業本部の清水優本部長は「このSEP船を有効に活用し、洋上風発建設工事のトップランナーを目指していきたい」と述べました。

「BLUE WIND」は、JMUが建造を手掛け、同社子会社JMUアムテックで艤装工事が行われました。投資金額は約500億円。船体の全幅は50m、全長は142m、総トン数は2万8000総トンで、搭載されたクレーンの最大揚重能力(吊り上げ能力)は2500トン、最高揚重高さは158mと世界有数の性能を誇っています。

 作業時には4本の脚を海底に着床させ、船体をジャッキアップさせることで海面から切り離し、波浪に左右されない作業条件を確保。水深10mから65mの海域での作業に対応しており、海が荒れて波が高い時でも、安定した姿勢で工事ができることが強みです。

 同船は推進システムとしてスラスターを6基備えており、拠点港と作業海域を自力で往復できる能力を持っています。そのため非自航式のSEP船と違い、曳航を行うタグボートを必要としません。DPS(位置保持システム)も搭載しているため、同じ位置に留まったまま、洋上風発の設置工事の準備に取り掛かれます。

【でけぇ~】完成したSEP船の全容 写真で見る

最新記事

コメント