海上保安庁の練習船“激レア機体”に遭遇! 数が少ない飛行機でさらにインド仕様

日本にも数機しかない。

ドルニエ「Do 228」のHALライセンス機と会合

 海上保安庁の公式Xは2024年7月4日、練習船「こじま」がアンダマン海にてインド沿岸警備隊の所有するドルニエ「Do 228」と会合し、エールを交換する様子を公式X(旧:Twitter)に投稿しました。

Large 240705 do 01

拡大画像

練習船「こじま」(画像:海上保安大学校)。

「こじま」は4月22日から海上保安大学校の遠洋航海実習の航海に出ており、ハワイやパラオなどに立ち寄っています。6月18日にはパラオ沖で海上自衛隊の「いずも」と会合。7月25日には広島の呉に戻る予定です。

 Do 228はドイツのドルニエが開発した双発ターボプロップ旅客機で、日本国内での旅客運航は新中央航空でのみで行われており8機を運用しているほかは、調査機関が数機保有しているのみの珍しい機体です。

 加えて、今回の「こじま」と会合したインド沿岸警備隊の機体は、インドのヒンドスタン・エアロノーティクス(HAL)がライセンス生産をしているタイプのもので、さらに珍しい機体といえます。

【了】

【特徴的なフォルム】これが、「こじま」が遭遇したドルニエ「Do 228」です(写真)

最新記事

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。