新幹線のアイスに新作登場 しかしなぜそうも固いのか?

固さの秘密は

 新幹線で車内販売されているアイスが固い理由は、車内販売で持ち歩くために溶けないようドライアイスで冷やしている影響があるほか、アイス自体が元々、固めになる製法で作られているからだそうです。

 具体的にどのような製法かというと、まずアイスの空気含有量(オーバーラン)が低いことが挙げられます。濃厚な味わいと滑らかな舌触りを出すため、空気含有量を低くしてアイスの密度を高めていることから、固めになるそうです。

 またもうひとつ、高脂肪なことが固さの理由といいます。一般的に乳脂肪分が10%以上あると「プレミアムアイス」と呼ぶそうですが、新幹線の車内販売で売られているバニラアイスは乳脂肪分が15.5%。とても濃厚、濃密なので固いのだとか。

 日本の技術を代表する「新幹線」にふさわしいアイスにするため、このように濃厚で高級感のあるものを開発したといいます。

 ただ今回発売された白桃アイスは乳脂肪分3%の「アイスミルク」に分類されるため、バニラほど固くはなさそうです。

 ちなみにこのアイス、ほどよく溶けて食べやすくなるのは購入してから10分から15分後でしょうか。我慢できず、カンナで削るように食べている方もしばしば見ますけれども。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント