渋滞あすピーク 高速バス既に遅延も

高速バス、既に軒並み遅延

 渋滞を避ける方法として、NEXCO各社らは次のような対策を示しています。

・渋滞のピーク日、ピーク時間帯を避けた計画を立てる。
・渋滞発生の少ない夜間~早朝を活用する。

 昨年2014年8月18日(日)のデータによると、東名静岡ICを17時台に出発した場合、東京ICまでの161.8kmを通過するのに約3時間20分を要しました。

 しかし同日の朝8時台に静岡ICを出発したケースでは、東京ICまで約1時間45分で到着。所要時間が1時間半以上も短くなっています。

 各高速道路における渋滞予測などの情報は以下のWebサイトに掲載されているので、事前に確認してから出発することをオススメします。

「NEXCO東日本」
http://www.driveplaza.com/
「NEXCO中日本」
http://www.c-nexco.co.jp/
「NEXCO西日本」
http://www.w-nexco.co.jp/
「JB本四高速」
http://www.jb-honshi.co.jp/
「日本道路交通情報センター」
http://www.jartic.or.jp/

Large 20140812 bon
東京発大阪行き高速バスの、2014年8月12日14時1分時点での運行状況。軒並み30分から50分の遅延が発生している。

 バスを利用して旅行する場合も、この期間は要注意です。JR系などの高速バス運行状況を確認できる「バスここ」によると、2014年8月12日(火)14時現在、すでに多くの路線で道路混雑による遅延が発生しています。

「バスここ」
http://www.busdoco.jp/highwaybus/jr/top.html

 高速バスはお盆などの混雑期間、昼行便、夜行便問わず1時間単位で遅れることも珍しくないため、余裕を持った計画が大切です。サービスエリアの売店、トイレの混雑も考慮に入れる必要があるでしょう。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント