アメリカで「ネコミミ新幹線」実現なるか?

アメリカ新幹線には「耳」が生える?

 もしアメリカで新幹線車両の350km/h運転が実現した場合、E954形「FASTECH 360 S」に搭載されていたものの、E5系では採用が見送られた「ネコミミ」が実現する可能性も考えられます。

Large 20140905 california
「ネコミミ」を出すJR東日本の新幹線試験車両E954形「FASTECH 360 S」。

 「ネコミミ」は正しくは「空気抵抗増加装置」と呼ばれ、緊急停車時に車両から板を出し、その板による空気抵抗の増加でブレーキ力を得るためのものです。車両がその板を出した姿がまるで猫の耳のようであることから、「ネコミミ新幹線」としてかつて話題になりました。

 E5系で「ネコミミ」が採用されなかった理由は、最高速度320km/hでは従来形のブレーキだけで充分だったからです。しかしアメリカで350km/h運転を行うとなれば、もしかすると……。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント