中国が警戒する日本のリニア 狙いはその技術か?

中国に存在する、同国の高速鉄道が世界へ進出するにあたって日本の「超電導リニア」が大きな脅威になるという考え。そこには「粘着式鉄道」の限界と中国の野望が見えてきます。

速度でも安全性でも勝てない中国

 磁力を用い、500km/h以上で浮上走行する日本の「超電導リニアモーターカー」について、中国が「高速鉄道」の世界市場で戦って行くにあたり大きな脅威になると、同国のメディア上海商報が伝えました。

 中国の高速鉄道は21世紀に入ってから、日本の「新幹線」やドイツの「ICE」といった高速鉄道先進国の技術を導入したことにより発展。2011年には「高速鉄道技術を独自開発」したとして日本やヨーロッパ、アメリカなどで特許取得の動きを見せるなど、世界市場への進出を図っています。

 また中国にはそうした鉄のレールと車輪で走る「粘着式」の高速鉄道ほか、磁気浮上式リニアモーターカーの「上海トランスラピッド」も存在。最高速度は430km/hで、営業運転速度が世界一速い鉄道になっています。

 しかし中国の高速鉄道は、2011年7月に死者40人を出す大事故を発生させるなど安全性が疑問視されており、かつて350km/hだった最高速度を現在は300km/hなどに落として営業運転を行っています。

 また2002年に開業した「上海トランスラピッド」はドイツの技術を導入したもので、中国においてその後、特段の進展はありません。また技術を提供したドイツは、2011年に開発を中止してしまいました。

 つまり中国の粘着式高速鉄道は現在のところ、安全性などの関係で300km/h程度と日本の超電導リニアに比べ圧倒的に遅く、リニア「トランスラピッド」はその後の発展が不透明、という状況です。

 よって世界の高速鉄道市場において日本の「超電導リニア」は中国の脅威であり、そこで中国が戦うには技術を向上させ、スピードアップの必要があるというわけです。

 しかしはたしてそれが、簡単にできるものなのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20141003_china
1 2

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 日本は素晴らしい!

  2. パクリ新幹線で散々痛い目に有ってるんだから、リニアは絶対パクらせてはイケない!
    売らない、技術指導、技術提供しない、技術者をヘッドハンティングさせないの3無い運動!

  3. やっぱり、回路内にブラックボックスを入れて、単純にコピー出来ない様にして海外展開しないと新幹線の二の舞です。台湾だからいいと言う話ではない。シャープだってあの様です。社員の皆さんが気になります。

  4. 自分はがめつくどケチなJR東海があまり好きではありませんが、リニアの技術に関してはここが独占した事は幸いでした。中国なんぞに決して渡しはしないでしょう。

  5. 記事中にもあるように、リニアの技術は、そのまま「レールガン」や「射出カタパルト」に つながるので、絶対に中国に渡してはいけません。

  6. 中国は 日本の技術者をねらっている。 札束でほっぺたを叩きながら(現状の3-5倍の給料)一人、二人と
    吊り上げてゆく。 かつて、韓国が半導体技術者にそうしたように・・。 
    現在の日本独自の技術(水産、農作物の品種改良、養殖技術など・・)、原子力、発電、もちろん宇宙、戦術機器
    などの開発者はあぶない。

  7.  近年、欧州では「超特急」(時速250km以上)の新車の発表が全く無く、時速225km(正確には140マイル)や時速200km(正確には125マイル)が少々と、時速160km(正確には100マイル)の新車が大多数になってきています。超特急や特急などの役割は旅客飛行機に任せて、急行や各駅停車を増やすそうです。
     そのため今後、超特急を積極的に推進するのは、中国、韓国、日本、欧州では日本との合弁企業、になると予測されます。
     結果的に、中国も韓国も日本の技術を利用しない限り高速鉄道のさらなる展開が出来なくなってくると考えられます。
       磁気浮上鉄道を販売する事に対しては、熟考が必須ですね。こんな状況では。