電車を使えるのに使わない鉄道会社 その理由とは

電車を走らせられる設備があるのに、ディーゼルカーを走らせる鉄道会社が2015年3月に開業します。なぜ電車を使わないのでしょうか。その背景には複合的な要因がありました。

電気で走る「電車」と軽油で走る「ディーゼルカー」

 北陸新幹線が金沢まで延伸開業することに伴い、2015年3月14日、並行在来線がJRから経営分離されます。

産学共同で誕生したえちごトキめき鉄道ET122形ディーゼルカーの「イベント兼用車両」(資料:えちごトキめき鉄道)。

 そのうち、新潟県エリアの並行在来線を引き継いで開業する「えちごトキめき鉄道」が2014年11月11日、導入を予定している「イベント兼用車両」のデザインを発表しました。同鉄道によると、長岡造形大学(新潟県長岡市)との産学協同プロジェクトで制作したそうです。

 えちごトキめき鉄道には、山間部を走る妙高高原~直江津間の「妙高はねうまライン」と、沿海部を行く直江津~市振間の「日本海ひすいライン」の2路線があります。「イベント兼用車両」はそのうち、「日本海ひすいライン」の普通列車用に導入されるET122形ディーゼルカーをイベント対応仕様にしたもので、グループが向かい合わせでを楽しめる「対面式ボックスシート」を採用しているのが特徴です。臨時列車や貸切列車に使われますが、通常時は「日本海ひすいライン」の普通列車として走るといいます。

 さて、来春からこの「日本海ひすいライン」になるJR北陸本線の直江津~市振間は現在、電化されており、「電車」が普通列車として走っています。分かりやすくいうと線路上空に電線が設置されており(架線)、そこから電気を取り込みモーターを回して走行する「電車」が走っています。

 しかし「日本海ひすいライン」に導入される車両は先述の通り、軽油が燃料のエンジンで走る「ディーゼルカー」です。ディーゼルカーは一般的に架線がない路線で使用されますが、なぜ架線があるのにディーゼルカーを使うのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20141112_dc1
  • 20141112_dc2
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 交直両用の車両が最低2両必要な理由が書いてないですね。
    それとも「このサイト読者にはその程度の知識はマストだから書かなくてもいいだろう」ということかい?

    • けむり どの そりゃそうだろう。交流用の機械と、直流用の機械を一台の電車に詰め込むとなったら重くなりすぎて入れる線区がかぎられてくるからなんだけどね。サイリスタ技術が進んで直流用モーターを交流で廻せるようになったら一台で走れる交直両用電車ができるかもね。今でも一台で走れる交直両用電車がないわけじゃないが『ヤ』扱いで旅客輸送用にはなってないからね。デッドセクションで立ち往生した時の引き起こしは車内に蓄電池を積んでおけば一台でも解決できるが実用的じゃないね。この問題があるから一台20メートルでは運転に不安があるので2両にしているんでしょうね。

  2. まあ、戦車なんか燃費600mとかいうふざけた物もありますからね。ほぼ同じトン数の電車で1500m走れるとなったらご立派としか言いようがない。
    かつて国鉄には架線のないところを80系電車が走ったという記録もありましたがね。
    また全線架線の下を走った気動車急行『しらゆき』なんかもありましたね。こちらは電車にすると非常にまずいことが起こるので電車にできなかったのですが、、、(途中で併結される列車がすべて非電化区間を走る気動車だったため。電車と気動車の協調運転ができない時代だったので『しらゆき』もほかの列車に合わせて気動車で運転されていた)

  3. JR西日本を見習って交直セクションの位置を移動させて、直流車両を走らせれば済む事だ!
    保有車両の形式を増やせば予備部品のコストも増える。

    JR西日本は北陸線と湖西線の交直セクションを移動させて
    大阪からの直行普通電車の本数を飛躍的に増やして、サービスを向上させた。

    • たしかまだ並行在来線の扱いが固まる前の時点で、富山県側が新潟県に「うちが糸魚川まで受け持とうか?」と言ってきた事があったはず。そうなってればきっと糸魚川駅構内での交直切替にでもなって、トキ鉄はディーゼルカー買わずに済んだだろう。

      けど「富山県糸魚川市」誕生の種になりそうなんで、新潟県が蹴ったようだ。富山県側はJR西仕様の交直流電車だから、直江津あたりまでの領土拡大を狙ってたのかも。

    • 肝心な事を書き忘れた。
      新潟富山県境までデッドセクションを移す多額の工事費(変電所増設とか要りそう)をかけるほどには、この路線の旅客需要が無い。

  4. 今は直流区間でも軽い交流モーターを回してる時代。
    既存部品が大出力用だけで、1両用に使うのは割高なのだろうが。

    東海道新幹線の300系は車体断面が大きくて乗車定員が多いのに
    電動車がフランスのTGVの、電気品を乗せてない客車よりも軽いのは
    モーターが軽い交流用なのも有るが
    TGVの客車を軽くし過ぎると、車輪が浮いてブレーキが効かなくなる可能性が有るからだ。

  5. たっつん さん
    それは無理だと思います。それをやってしまうと、すでに交流電車を導入して開業しているあいの風とやま鉄道・いしかわ鉄道両社が施設の改良や電車の開発をしなければならなくなるため、更なる負担増になります。デッドセクションをずらすにしても同じこと。現行の設備で悩み抜いた末、苦肉の策として導き出したのがこの結論ではないかと思います。
    いかが?

  6. いしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道は新しい交直流両用電車を運行しているが、交流電化区間のみの運用に留めている。南小谷―長野間や金沢―和倉温泉間では、気動車の観光列車を電化区間のみで運行されているし、無駄とも思われる車両運用は、えちごトキめき鉄道に限ったことではなく、近隣の県でも行われている。