東武野田線の愛称「アーバンパークライン」 バス路線の名前にも

「アーバンパークライン」の目指すもの

 電車の「東武アーバンパークライン」沿線では、東武鉄道が事業主となって宅地開発した「ソライエ清水公園アーバンパークタウン」がオープンするなど、開発が進められています。そのため東武バスは、流山・野田市域では今後もさらなる人口増加が見込まれるとし、この新たなバス路線「ミッドナイトアロー アーバンパークライン野田線」を開設。これにより「都内や柏から終電後にご帰宅されるお客様への頼れる交通手段として、利便性の向上を図ります」とのことです。

 ちなみに東武野田線の愛称「東武アーバンパークライン」の由来は、「アーバン(都市)」と「パーク(公園)」です。

 東武鉄道は野田線へ「東武アーバンパークライン」という愛称を命名した理由について、東京近郊のベッドタウンを走り都市間輸送を担っている、都心へ向かう通勤・通学路線との乗換駅が複数存在し交通利便性が高い、それでいて身近に自然を感じられる公園などが多く点在し憩いのある住みやすい路線であるからとしています。

 また野田線へ「東武アーバンパークライン」という愛称を付けた目的について東武鉄道は、これにより野田線に対して東武沿線をはじめ首都圏の人々からいっそうの親しみを持ってもらうこと、そしてさらなるイメージアップを図り沿線価値の向上を目指すこと、と述べています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント