単年度黒字、利用者800万人 「日本でもLCCが成立することを実証」 ピーチ

LCCのピーチ・アビエーションが、就航3周年を目前に累計利用者数800万人を突破。単年度黒字も実現し、当初は否定的だった日本でもLCCが成り立つことを実証したと話します。また3周年を記念し3月1日午前0時から国内線2000円均一、国際線3000円均一のセールが開催されます。

当初の利用者は1日わずか1800人あまり

 LCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションは2015年2月28日(土)、就航以降の累計搭乗者数が800万人を突破したことを明らかにしました。

ピーチが使用する180人乗りのエアバスA320型機(2014年2月、恵 知仁撮影)。

 ピーチは2012年3月1日、関西国際空港を拠点に3機の航空機、国内線2路線、1日14便で運航を開始。1日あたりの利用者数は、わずか1800人あまりだったといいます。

 それから3周年を目前に累計利用者数が800万人を突破し、現在は14機の航空機で国内線10路線、国際線7路線の計17路線に就航。1日70便、1万人以上が利用しているそうです。

 またピーチは就航から実質25ヶ月となる2014年3月期決算において、単年度黒字を実現。同社広報部は「当初は誰もが否定的にとらえていた日本におけるLCCのビジネスモデルが事業として成立することを実証した」とコメント。そして日本でのLCCビジネス展開で最も大切なことについて、「路線の拡大とともに早期に収益を確保し堅実かつ永続的な経営基盤を築くこと」だと話します。ピーチは3月29日から成田~福岡線、成田~新千歳線へ新たに就航する予定です。

 また2015年3月1日(日)に就航3周年を迎えるにあたり、ピーチは「ハッピーバースデーSALE」を開催。国内線2000円均一、国際線3000円均一で3万席を用意するといいます。販売期間は3月1日(日)午前0時から3月3日(火)の23時59分までで、搭乗対象期間は4月7日(火)から10月22日(木)。同社は「早めの予約でお得に、気軽に空飛ぶ電車のをお楽しみください」としています。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20150228_peach

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 今月、お伊勢詣りに行きましたが、バス代の高いこと高いこと
    神宮外宮から内宮まで料金420円だったかな。
    1月に行った際は320円、かなりの利用者があるように見受けられたが、あの距離で420円は高いですよ。観光バス利用が多いためかもしれませんが、四国の田舎に住んでいても驚いた。
    都市部でこの料金とは。タクシー利用と変わらないのでは?個人旅行者にとっては痛い出費です。
    一挙に100円の値上げとは。