9割以上が大間違い 浸透しない電気自動車への正しい認識

中国地方でなぜか高いディーゼル人気

 「クルマを燃料で選ぶとしたら、どの燃料のクルマが欲しいですか?」という質問に対しては、約半数の49%が「ガソリン」を選び、「電気」17%、「水素」13%、「プラグインハイブリッド」11%、「ディーゼル」10%の順になっています。ただ最下位だったディーゼルは、中国地方の回答に限定すると20%の人が選択。ガソリンに次ぐ順位です。広島を本拠地に、ディーゼルへ力を入れるマツダの影響があるのかもしれません。

 また「電気自動車がどのようになったら購入しますか?」という質問に対して、最も多かった回答は「価格が手ごろになったら」で40%。それに「航続距離に不安がなくなったら」23%、「充電ステーションが増えたら」20%、「好きな車種があったら」14%が続きます。やはり航続距離、充電に関する不安は大きいようで、43%がそれを購入できない理由に挙げた形です。ちなみにこのアンケートで「電気自動車を既に保有している」と応えた人は0%でした。

 パーク24の資料によると、電気自動車の保有台数は54757台(2013年3月末現在、次世代自動車振興センター調べ)となっており、3年で約6倍に増えていますが、2013年の自動車保有台数は7600万台(自動車検査登録情報協会調べ)であることから、保有率で見ると電気自動車は0.1%にもなりません。

 こうした結果についてパーク24は「電気自動車の保有率が低い要因として、価格はもちろんのこと正しい情報が認知されていないことが想定されます。電気自動車に触れる機会を増やすことが、認知拡大の一つのきっかけになるかもしれません」とコメントしています。

【了】

テーマ特集「【自動車】意外と知らない! 明日使える自動車トリビア」へ

日産 セレナの中古車情報

Uz0027120397 001l

排気量
1190cc~2500cc
価格帯
1.0万円~436.9万円

中古車情報を見る

日産 ノートの中古車情報

Uz0027120425 001l

排気量
1190cc~1600cc
価格帯
500円~269.8万円

中古車情報を見る

日産 リーフの中古車情報

Ud0027104610 001l

排気量
0cc~85000cc
価格帯
39.8万円~399.0万円

中古車情報を見る

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

21件のコメント

  1. 後続距離が短い(50キロメートル)のは、認識間違い
    と、言われましても…

    昨年12月、レンタカーで羽田空港~幕張まで往復しました。
    片道約50キロメートル、暖房を使用、片道しかバッテリーが持ちませんでした。
    ディーラーで充電し、復路は暖房を使用せず、後続距離の懸念から、高速を途中で降り、恐竜橋経由で帰りました。
    リーフには、度々利用しており、アクセルワークの勘所はもっています。

    新車ならば、高速利用でも、確かに100キロメートル程度は走行できましたが、2年過ぎ、バッテリーが劣化しているのか、カタログ値は『夢のまた夢』です。
    舞浜で充電したディーラースタッフさんも、冬季の後続距離は50キロメートル程度と。

    筆者の方に、お尋ねします。
    ①実際にハンドルを握られた上での投稿でしょうか?
    ②カタログ値を叩き出す為の、映像をご覧に成りましたか?

    ②に関しては、あんな状況、現実的では無いですよね?
    実態に則した記事を、お願いします。

    • 私も、まさにおっしゃられる通りと思います。単純に理論値と実走距離の差もありますし、新車で安全パイの距離が理論値の約半分と考えれば、往復100キロ走れば優秀ではないかと思います。まだまだバッテリーの性能って満足いくものではありませんよね。
      記事を書かれている恵さん、カタログを鵜呑みに記事を書くのではなく、正しい知識を身につけて記事を書くというプロ意識をお持ちでないなら、このようなお仕事を続けるのはいかがなものでしょうか。

  2. 勘違いでも何でもない。ユーザーの大半が現実を認識してるって事でしょ。
    電気自動車は航続距離500kmの壁を破れない限り普及しない。
    また少なくともこの日本では現状で都市内だけの短距離移動に使うユーザーを想定するとしても大消費地の大都市の大半が集合住宅に住んでる現状、戸建てでなければ設置不可な充電施設の問題もあり対象とならないのユーザーが圧倒的多数だという根本的な矛盾を抱えている。

    それに対し中国地方でディーゼルが人気なのは適度に走れる環境のあるエリアではディーゼルの方が圧倒的に効率いいという現実的な側面もあると言うことを忘れてはならない。

  3. 電気自動車の性能が上がらないまま普及すると、日本の電力は足りるのでしょうか。

  4. 200kmしか走らないのであれば、なかなか手が出せません。首都圏や主要都市近郊なら可能性もあるが、田舎で移動距離も多く、最低でも300kmは走って貰わないと遠出も出来ない。
    更に言えば雪国は四駆必須です。ハイブリッドやら電気自動車なんからエコカーと呼ばれる車の大半は四駆設定が無い。

    買う候補にしたくても出来ない現状。

  5. 実際購入されてる方のコメントでしょうか?
    電池の劣化が一年ででるほか、送風にしただけで、航続距離は150㎞以下になりますよ。
    三年目に突入した愛車はエアコン無しで、航続距離100㎞です。
    ディーラーの電池交換基準もかなり厳しく、この状態でも未交換です。
    新車の状態で判断基準を持つのはいかがなものか?

  6. 恵さん
    認識の大間違いは貴方のほうです。
    事実を確認してから記事を書くべきです。

  7. 数字を使われるのであれば、統計を少し勉強された方がよろしいかと思います。百分率(%)の使い方が特に駄目です。また有効数字や統計誤差、統計的有意性を勉強してから記事を書いてください。これらを踏まえていなければ、記事の数字の意味がなくなります。

  8. いやいや、そんなのデタラメですよ。
    筆者は車を所有したことがないのではありませんか。
    220キロ走れるから220キロ走るつもりでいたらガス欠しますよね?
    ガソリン車は給油ランプがついてから50キロは走れるようにできています。
    電気自動車ですから、ワイパー、カーナビ、エアコン、ヘッドライト、電池劣化分、電欠したら困るから余裕をもって、って引き算していくと実質走れるのは50キロだということです。

  9. 電気自動車は環境にも優しく、私も購入したいのですが、購入者から聞いた話では、『雪国ではヒーターを使うし、渋滞も多発する。運転している最中も、いつバッテリーが切れるのかハラハラ・ドキドキしている。冬季は航続距離80kmを目安にしないといけない。また、チャージするステーションもまだまだ未整備』との話を聞きます。アメ車の電気自動車は500km走ると言うのに、何故国産車の航続距離が少ないのも疑問です。

  10. マイチェン車なら暖房使用しても100走れます。
    初期型はつらいかもしれませんが。
    出発前に車内を暖めておくのがコツです。

  11. 現実を見ているユーザーと、カタログだけを見ている記者のどちらが正しいのか、記事を読まれる方が誤解されないことを祈ります。

  12. そもそも電気自動車の充電に掛る電気量て、1回で一般家庭300件分の電気量とか言っていたと思うが、
    本当なら、どれだけの発電UPしないといけないの!と言う事でしょう。
    しかも急速充電が進めば進むほど、使用量が上がるとも聞きましたが?

  13. 航続距離220kmしかないんか
    それじゃ秋田市からだと往復で考えたら県境越えられないよ
    仮に400km走れたとしても東京着かないし
    街乗りが限界だな
    そのくせ四駆じゃないから冬辛いし
    暖房付けたら電気食うって言うし
    ここまで来ると電気自動車買う意味がない

  14. そもそも、バッテリーの性能が飛躍的にupしないと、すべてが解消されない。
    いまは、近距離移動の手段と割り切って使うしかない。

  15. ???いくら航続距離増えても、使い切ってしまったら30分~一晩かかる充電時間が最大の問題じゃないでしょうか?急いでる時や緊急時など待てますかねえ?

  16. 我が家のリーフは11年型初期型の中古を27000㎞で購入。現在60000㎞以上乗っているが、キチンと100㎞は走る。
    路上でエンコしているガソリン車を見て、「ほら見ろガソリン車はガス欠する」っていっているようなもの。
    未だに飛行機は落ちるから乗らないって人もいるから、EVが使えないって人は使わなければ良い。
    我が家は太陽光発電システムとV2Hとリーフで買電を増やし、売電を押さえたエコライフで従来のガソリン車と灯油ボイラー時代からイニシャルコストを含んで毎月4万円ほど節約できている。
    ただ長距離用にアウトランダーPHEVも持っている。EVの航続距離が不安な人はこちらをどうぞ。500㎞は確実に走るEVレンジエクステンダー車ですから。周囲5㎞内にガソスタがなくなってEVが便利。

  17. 皆さん仰っておりますが、何しろバッテリーの性能が未熟すぎます。GS(ES)にて満タンバッテリー交換でもできるようにならなければ、EV市場は広がりません。

  18. 2015年の記事ね。 当方この年にアウトランダーPHEVを新車で買い増し。
    その2年前には11年型リーフを中古で購入。
    現在、18年。未だリーフは6万㎞を越えて便利に使っています。
    片道40㎞までは十分ですね。80%充電で100㎞は走るから。
    この距離は生活圏内のほぼ90%以上をカバーする。
    自宅は太陽光発電システムとV2Hでリーフと連携。電気代は大きく節約できて、ガソリン代も含めると、毎月、4-5万円を稼ぐ太陽光とリーフ。
    本来はこれがEVの正しい使い方だと思う。
    EVが使えないのでは無くて、失礼ながら使う知恵が足りないってことだと。
    長距離はアウトランダーPHEV。50㎞まではEVで、それ以上はレンジエクステンダー車として使えるし。
    使い分けも必要。

  19. だってそうだもん

  20. 走行時、一回のフル充電で、真夏または真冬にエアコンをフル活動、カーナビ、カーステレオを使って200キロ以上を新車登録時から数えて3年以上経過した車でも使えるなら考えます。絶対使えないよね?
    机上の空論は止めてくれ。
    バッテリーが長持ちしないなんて、そもそも携帯が立証してる。
    進化しないバッテリーを先にどうにかしたら?