東海道新幹線スピードアップ 車掌が教えるそのポイント

東海道新幹線の最高速度が23年ぶりにアップし、2015年3月14日のダイヤ改正から285km/h運転が始まります。2月25日、ひとあし早くその速度を楽しめる「先行体験列車」が運転され、車内放送で「スピードの実況」や、運転の裏話などを聴くことができました。その内容をレポートします。

車掌が新幹線の現在速度を実況

 2015年3月14日(土)のダイヤ改正から、東海道新幹線の最高速度が現在の270km/hから285km/hへ、23年ぶりにアップします。

 それに伴いJR東海は2月25日、一般から参加者を募って、その速度をひとあし早く楽しめる「先行体験列車」の試乗会を実施。車内放送では現在速度の実況や運転技術車両に関する説明、また裏話の披露などが行われ、知っていると東海道新幹線をより楽しめる話題が多く飛び出しました。

 どんなものだったのか、始発の東京から終点の新大阪駅到着まで、時系列でその中身をお伝えします。なお車内放送の内容について、一部省略している部分があります。

「先行体験列車」と運転士の山下さん。終点の新大阪駅到着後に撮影(2015年2月25日、恵 知仁撮影)。

●12時17分頃、東京駅発車前。運転士、山下さんのあいさつ
「この列車は特別なダイヤでの運行となっており、3月14日のダイヤ改正に先駆けて、最高時速285kmを体験していただきます。普段、運転士として私自身が気をつけていることは、時間に正確なことはもちろん、乗り心地の良い運転です。今日ご乗車いただいているお客様が笑顔になれるような運転をしたいと思っております。目的地まで安全、快適にご乗車いただけるように運転をいたしますので、よろしくお願いいたします。発車時刻は12時23分です。発車までしばらくお待ちください」

この記事の写真一覧

  • 20150313_東海道新幹線_05
  • 20150313_東海道新幹線_04
  • 20150313_東海道新幹線_03
  • 20150313_東海道新幹線_02
  • 20150313_東海道新幹線_01
1 2 3 4 5

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. このサイトは初めてみました。少年の頃「電車の運転士」を夢見た小生には、楽しく読むことができました。
    今後とも楽しみにしています。
    質問ですが、登録すれば定期配信などもあると思うのですが、手続きを教えて下さい。