超電導リニア世界記録 鉄道先進国フランスの反論

2015年4月に超電導リニアが達成した、603km/hという鉄道史上最速の記録。それに対する反論ともいえる文章を、フランス国鉄がウェブサイトに掲載しました。そもそも超電導リニアとフランスの高速鉄道「TGV」は、比較自体が無理な話だといいます。

フランス国鉄、リニア記録更新の2日後に

 2015年4月23日(木)、フランス国鉄(SNCF)のウェブサイトに「リニアモーターカーとTGV、7つの違い」という記事が公開されました。

 この記事が公開される2日前の4月21日(火)、JR東海が超電導リニアの走行試験を行い、有人走行で鉄道史上最速となる603km/hを記録。それを受けて製作された記事です。

150428 liner 01
603km/hを達成した当日の超電導リニアL0系(2015年4月21日、恵 知仁撮影)。

 そのページではまず「日本の弾丸列車である超電導リニアによって、TGVの最高速記録が破られた」と、報道を引用する形で世界最速記録を更新した超電導リニアに言及。しかし「TGV」と「超電導リニア」は根本的に違うため、比較は妥当ではない、7つの違いがあると、有識者からの反論が始まります。

 ちなみに厳密にいうと、日本の超電導リニアは2003年12月2日に有人で581km/hという、当時の鉄道世界最高速度を記録。TGVの574.8km/hという記録は2007年4月3日に達成されたものですから、「574.8km/h」というTGVの記録が日本の超電導リニアより速かったことは1日もありません。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. フランスはヤッカミ記事を載せる?技術大国のプライドが許さん!

  2. 素晴らしい乗り物が実現することになります。JARは、頑張っていますね。

  3. 私もリニア新幹線とTGVを比べるのは無理があると思います。世界の高速鉄道の主流がリニアモーターカーになるまではリニア新幹線は比較対象にするべきではないと思います。今のところじゃ、普通の新幹線じゃ勝ち目がないからリニアに逃げた感じ。
    現在の新幹線路線があと40年間リニア新幹線に置き換えられることはないと思いますので一般の新幹線の高速化に力を入れていただきたい。

  4. まったくづランス人は恥知らずだ。数学の世界でこんなことがある。20世紀数論界のゴッドファーザーといわれるフランス人数学者アンドレ・ヴェイユが谷山の仮説をヨーロッパに紹介し、数論界にデビューさせるプロセスのなかで、あたかもヴェイユ自身がかかわっているかのごとくあつかい、そのために、この仮説を「谷山=志村=ヴェイユ予想」、あるいは「谷山=ヴェイユ予想」、まれに「ヴェイユ予想」と呼ばれるようになっていった。このことに関しては他の外国人数学者からも恥知らずだと批判されている。純粋に日本人数学者谷山の仮説である。ヴェイユなんてまったく関係ない。

  5. そのまえにTGVの線路問題わ?車でも立ち往生すれば軽く脱線。安全を軽視するのわフランスの
    得意技ですね。

  6. TGVに乗ったことある人なら、新幹線との乗り心地の違い、分かると思います。
    TGVの車両の中央で座席の向きが反対になり、集団お見合いになったのにはまいりました。
    幸い進行方向だったので良かったですが逆だったら、乗り物酔いしていただろうにと思い出します。
    車内も狭い印象で、設備も新幹線の洗練されたものとは違います。
    記録では570kmはすごいですが、それがどうなの?って感じ。
    リニアが別分野としても、TGVと新幹線、特にのぞみと比べたら、レベルの違いは歴然としていますよ。