超電導リニア、世界最速603km/hで走った本当の意味

4月21日に、603km/hで走った超電導リニア。鉄道史上最速の記録で、「ギネス」にも申請するといいますが、その最大の目的は別のところにありそうです。営業運転時、最高速度505km/hを計画している超電導リニア。それが約100km/hも速い603km/hで走ったことに、はたしてどんな意味があるのでしょうか。

超高速域での安定性が超電導リニアの長所

 JR東海は2015年4月21日(火)、山梨リニア実験線で超電導リニアの「高速域走行試験」を行い、10時48分、600km/hの大台を突破。603km/hという、有人走行での世界最高速度を記録しました。

603km/hを達成した試験列車の車内(写真提供:JR東海)

 600km/h以上での走行は10.8秒間、約1.8kmにわたり行われ、乗車していたJR東海山梨実験センターの遠藤泰和所長は試験終了後、「超電導リニアの長所である500km/hを越える速度域での『乗り心地』『安定性』が良く表れた試験だった」と話しています。超電導リニアは理論上、超高速になればなるほど安定性が上がるそうです。

 今回、世界最高速度を記録した車両は、2013年8月29日から山梨リニア実験線で走行試験を行っているL0系。開業を念頭にした営業線仕様の車両で、「0」は初代新幹線車両0系と同様、「営業線仕様の第1世代車両」という意味です。

 有人走行における鉄道の世界最高速度は長らく、2003(平成15)年12月2日に山梨リニア実験線で試験車両MLX01が記録した581km/hでしたが、今年4月16日(木)、山梨リニア実験線でL0系が590km/hを達成し記録を更新。まずそこで安全が確認されたことから、603km/hを達成した本日21日の走行試験が行われた形です。JR東海は「ギネス世界記録」の認定を新たに申請する予定といいます。

 しかし今回の走行試験は別に、ある大きな意味を持っています。

この記事の写真一覧

  • 150421_linear_02_03
  • 150421_linear_02_02
  • 150421_linear_02_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント